一樹の蔭、一河の流れ

アクセスカウンタ

zoom RSS 0歳と90歳

<<   作成日時 : 2017/05/25 17:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今年に入ってこれまでの5カ月は、正月早々に次女が出産した新生児との対面に始まり、続いて3カ月前に圧迫骨折して整形外科に入院した義母さんの見舞い。5月の連休明けに退院してからは、わが家で養生するため引き取って、生活全般の世話をする毎日だ。0歳児と90歳の両方を世話して、「人の一生」の重みを実感している。

義母は、わが家から徒歩5分のマンションに一人暮らしだったので、その生活に戻ることを目下の目標にしている。週2回のリハビリ通院に加え、今週から週2回のデイサービスも再開した。おかげで私自身も長時間の外出ができるようになり、昨日は久しぶりに美容院に行くことができた。

娘の出産後、1カ月半ほど産後の支援のため娘宅に滞在したが、それは赤ん坊の成長をつぶさに見る日々でもあった。毎日観察しているからこそ、それがよくわかる。おっぱい飲んで、ねんねして、出すものを出して、その繰り返しの中で目が見えるようになり、音に反応するようになり、笑うようになった。それは何度経験しても感じる、無上の喜びである。

赤ん坊は生命力そのものだけれど、母父など保護者が身近にいて世話を続けなければ、命は2日とは続かないだろう。大人になれば自分で生まれて育ったように錯覚しがちだけれど、そこに至るまでにどんなに人(特に両親)の手や愛情を必要としてきたことか。

それは実際には、自分が親になってみて初めて気づいたことでもあった。親にしてもらった恩を、今度は自分が子どもに返す番だと思って育ててきたように思う。かつて自分がそうであったように、娘たちも子育てをしながらだんだん母親らしくなり、先に生れた子も赤ん坊と接しながら、だんだん兄や姉らしくなっていく。

今年1月に90歳になった義母は、外出時に杖を使うようになったとはいえまだ自分の足で歩ける。直近の記憶が残らないなど認知機能の低下はあるものの、長年付き合ってきた人々の名前などは顔を見ればすぐ出てくる。歯は全部自分の歯、耳も良し、目も良し、バイタル(血圧・体温・脈拍等)も良好で、訪問看護師さんも太鼓判を押してくれる。

このぶんなら100歳も夢じゃないねと励ますが、本人は自分の実年齢があやふやになっている様子。耳といえば、4年前に亡くなった私の母も耳が良かったようで、自分で「地獄耳」と言っていた。年寄りには聞こえないだろうと思って人の悪口を言っている話し声ほど聞こえた、と生前私に自慢していた。「いじわるばあさん」を思い出す。

赤ん坊は昨日できなかったことが今日できるようになり、日々成長する。それと逆なのが高齢者だ。昔のように走れなくなる、跳べなくなる、目が見えづらくなる、耳が遠くなる、高い声が出なくなる、握力が弱くなる、長く歩けない、物忘れが増える、肌の張りが衰え皺が増える、重力に負けて体のいろんな部分が垂れ下がっていく。

長生きするほど肉体的な衰えは進むから、防ぎようがない。しかし生き物は常に新陳代謝を繰り返していて、人間の場合は約3か月で細胞が全部入れ替わるらしい。生きているということは細胞が新しくなっていることだから、人間の内部は日々生まれ変わっていることになる。そう考えると何だか元気が湧いてくる。

義母は独立心が強く、子どもに面倒を掛けたくないし施設に入るのも嫌だという。その覚悟は立派だと思うが、本人が思っている日常生活で出来ることと、実際に出来ることとの差が広がっている。いまは3人で食事をしているが、一人での食事よりも楽しいと言ってくれる。それを聞くにつれ、本人の希望とはいえ、高齢者の孤独な生活が決していいとは思えないと、日々考えさせられている。

 ♪ 管理者ウェブサイト 「杉山武子の文学夢街道」 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文



0歳と90歳 一樹の蔭、一河の流れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる