アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「生活」のブログ記事

みんなの「生活」ブログ


甲突川のシーカヤック

2018/07/15 11:09
我が家は鹿児島市内を流れる甲突川沿いに建つマンションの6階にあります。川の下流方向には桜島の山容がのぞめる見晴らしのいい場所です。

2018年7月15日朝、8時20分ころから、川の方から元気な掛け声が聞こえてきました。「はて、何だろう?」と思ってベランダに出てみると、甲突川の下流(右手)から上流(左手)に向かって、ほぼ一列に並んだシーカヤックをこぐ一団が見えました。

声のぐあいから、どうやら小学生高学年くらいの子供たちのようです。5隻ほどに大人が2〜3隻ほど付いて、リードしたり寄り添っている感じです。訓練なのでしょうか。鹿児島湾ではシーカヤック体験が地元の人たちにも、観光客にも人気になっています。

左手の川上のほうに漕ぎながら去っていく最後尾は、下のような様子でした。

 ※写真をクリックすると拡大します

画像
     8時26分撮影

普段の甲突川は水位が低くて、半分くらいは水が流れず川底がみえるほどです。けれども満潮のときには川幅全体に水が流れていますので、川らしくなります。流れも緩やかで川底も浅いので、シーカヤックの練習にはうってつけなのでしょう。

以下の2枚の写真は、上流に遡ってから25分後くらいに、また右側の川下に向かって進んでいる様子です。

画像
     8時47分撮影

シーカヤックの船体は密閉型になっていて、シャフト(握り棒)の両端にブレード(板)のついたダブルブレードを、左右交互に動かして水をかきながら進んでいきます。

1つのグループは5隻の子どもに、2〜3隻の大人がつき、それが3グループ連なっていました。

画像


  ♪ 管理者ウェブサイト 「杉山武子の文学夢街道」 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


きょうの桜島

2018/07/11 20:56
先週末の大雨から一転、昨日ときょうは良いお天気になりました。豪雨災害に遭われ、家族や家を失われた被災者の方々には、心よりお悔みと見舞いを申し上げます。

きょうの桜島は、終日山容全体が見られたものの、火口から常時出続けていた少量の火山灰が、鹿児島市街地方面に向かってきたので、午後からは窓を全部閉めて、クーラーのお世話になりました。

夕食後、夕陽を受けた桜島上空の雲が茜色にそまっているのを見つけて、急いで写真を撮りました。
梅雨の間じゅう、桜島は重く垂れこめた雨雲に隠れて、その姿を見ることはできませんでした。

久しぶりに美しい姿を見せてくれた桜島をご覧ください。
桜島の頂上右手付近から、うっすらと噴煙が上がっているのが見えます。

 ※写真をクリックすると拡大します

画像
   7月11日19時36分撮影(自宅より)

この記事を書いている途中で、鹿児島地方は梅雨が明けたと発表があったそうです。

ホッとする一方で、あんなに大雨を降らせなくてもいいのに、梅雨が恨めしくもあります。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


出るのは涙ばかり

2018/07/11 20:23
大阪地方の地震に続き、今度は集中豪雨によって大規模な水害が西日本の広範囲にわたって発生しました。降りやまぬ大雨で川は濁流となり、溢れ出した水は市街地に流れ出し、山裾の住宅は土砂崩れに襲われ、人々の日常生活を押し流してしまいました。

梅雨末期には水害が起こりやすいと言われていますが、それにしても最近の雨の降り方は尋常ではありません。今回の災害は積乱雲が次々と連なる「線状降水帯」が発生していたことによる豪雨だということです。最近ではこの線状降水帯という言葉をよく耳にします。

断水のため給水車に水を貰いに来ていた人が、「水は出ない。出るのは涙ばかり」とインビューに応えていました。豪雨災害で水に苦しめられているのに、生きるための水は無い。そんな二重の苦しみに被災者は置かれているのです。心が痛みます。

この場所に40年以上住んでいるという人が、「こんなことは始めてだ」と言っていました。これまでの個人の経験則が役に立たないほど雨の降り方が酷くなっているし、真夏の暑さも昔とは違ってきているのは、誰しも実感しているところでしょう。

最近では「熱中症」と呼ばれて盛んにその予防対策が叫ばれています。わたしが介護している独り住まいの義母(91歳)も、4年前に熱中症になりました。猛暑の日、サッシ戸を開け放した部屋にもうろうとして倒れていたのです。幸い発見されて救急車で運ばれ、1週間の入院で済みました。

義母はクーラーは嫌だと言い、高齢で感覚が鈍くなっているのか、猛暑でも「暑くない」と言い張ります。水を多めに飲ませてクーラーをつけても、わたしやヘルパーさんが帰るとクーラーを切ってしまうので、これから先の猛暑が心配でなりません。

わたしの住む鹿児島は桜島の噴火という心配の種は常時ありますが、最近では台風も当地を避けて通ることが多く、大過なく過ごしています。しかし近い過去には鹿児島でも大水害がありました。その当時、わたしは福岡市在住でした。

1993年年8月6日、鹿児島市は記録的な豪雨に見舞われ「8.6水害」と呼ばれる大規模洪水が発生したのです。市内3つの川が氾濫し、江戸時代から架かる石橋が流され、鹿児島湾に面する日豊本線の竜ヶ水駅周辺では、シラス台地の崩壊により住民やJRの乗客など約3,000人が孤立し、海上から救助活動が行われたのです。

この水害で48人が亡くなり、家屋の浸水や損壊は14,000棟を超え、現在の鹿児島中央駅付近はかなり浸水したそうです。それなのに九州新幹線開通に合わせて地下通路が作られました。今度大水害が起きたら、この通路は水没するでしょう。災害はいつやって来るかわかりません。日々を大切に生きたいと思うこの頃です。

♪ 管理者ウェブサイト 「杉山武子の文学夢街道」  
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


平和の詩

2018/06/27 15:38
6月23日、沖縄県糸満市の平和祈念公園で「沖縄全戦没者追悼式」が開催されました。太平洋戦争末期、日本では唯一アメリカ軍との地上戦が行われたのが沖縄でした。その組織的戦闘が終結したとされる6月23日が、沖
縄慰霊の日となったそうです。

式典には安倍首相や永翁沖縄県知事も参列。その様子をテレビで見ていました。多忙な安倍首相の顔は心なしかむくんでおり、手術を受け退院間もない翁長知事はげっそりと痩せて見えました。そんな中、中学3年生の相良倫子さんが「生きる」という平和の詩を朗読されました。

明瞭な力強いその声は、一番心に響きました。翌朝の新聞に詩の全文が掲載されましたので、ここに6割ほどを掲載して、彼女の思いを共有できたらと思います。この長い詩を、14歳の相良さんは原稿を手にせず、間違えもせずに堂々と朗読。彼女は曽祖母の語る戦争体験談を聞いて育ったそうです。

 生きる
 私は、生きている。
 マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、
 心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、
 草の匂いを鼻孔に感じ
 遠くから聞こえて来る潮騒に耳を傾けて。
 私は今、生きている。
     ………(中略)
 私はなんと美しい島に、
 生まれ育ったのだろう。
 ありったけのわたしの感覚器で、感受性で
 島を感じる。心がじわりと熱くなる。
 私はこの瞬間を、生きている。
     ………
 七十三年前、
 私の愛する島が、
 死の島と化したあの日。
 小鳥のさえずりは、恐怖の悲鳴と変わった。
 優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。
 青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった。
 草の匂いは死臭で濁り、
 光輝いていた海の水面は、
 戦艦で埋め尽くされた。
 火炎放射器から吹き出す炎、幼子の泣き声、
 燃えつくされた民家、火薬の匂い。
 着弾に揺れる大地。血に染まった海。
 魑魅魍魎の如く、姿を変えた人々。
 阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。

 みんな、生きていたのだ。
 私と何も変わらない、
 懸命に生きる命だったのだ。
    ………
 摩文仁の丘。眼下に広がる穏やかな海。
 悲しくて、忘れることのできない、この島の全て。
 私は手を強く握り、誓う。
 奪われた命に思いを馳せて、
 心から、誓う。
    ………
 全ての人間が、国境を越え、人種を越え、
 宗教を越え、あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。
 生きる事、命を大切にできることを、
 誰からも侵されない世界を創ること。
 平和を創造する努力を、厭わないことを。
    …………
 だから、きっとわかるはずなんだ。
 戦争の無意味さを。本当の平和を。
 頭じゃなくて、その心で。
 戦力という愚かな力を持つことで、
 得られる平和など、本当は無いことを。
 平和とは、当たり前に生きること。
 その命を精一杯輝かせて生きることだということを。
    …………
 摩文仁の丘の風に吹かれ、
 私の命が鳴っている。
 過去と現在、未来の共鳴。
 鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。
 命よ響け。生きゆく未来に。
 私は今を、生きていく。

   ※「南日本新聞」6月24日付朝刊より転載。 
     詩は沖縄県平和祈念資料館提供

14歳の語る「平和への誓い」は理想に溢れており、なんだか遠い日の
自分を思い出します。理想を失えば、後退するのみです。いまではす
っかり現実にばかり目を奪われているダメな大人のわたしですが、彼
女のように理想を生きる力にして命を燃やしている若い人たちに期待
し、未来を託したく思います。

 ♪ 管理者ウェブサイト 「杉山武子の文学夢街道」 

記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3


子育てのヒント 

2018/06/13 00:15
最近、必要があって自分の本棚から古い資料を探している。5年前の引越しの際、本の置き場所を大幅に変更したこともあって、必要な本や資料がパッと取り出せなくなった。先日もあちこち探してみたが、肝心の資料は行方不明。押入れ奥の段ボールも調べたが出てこない。

ところがそうやって昔の資料類をひっくり返していると、古い作品がたくさん出てきた。20〜30年前のエッセイや短編小説など原稿用紙に清書したものは、何かのコンテストに出したものらしい。書いた本人も忘れていた原稿の束。

結局、没になってそのままお蔵入りしたもの、無事に活字になった作品のコピーなど、いろいろ混ざっている。40歳代前半までは書くのはワープロではなく手書きの原稿用紙に拘っていたので、当時はこんなにきれいな文字で書いていたのかとインクの文字が懐かしい。

そんな中に「子育てのヒント」と題した紙が1枚混じっていた。裏面は学習塾のスケジュール表になっていて、「2002年夏」の文字。新聞の折り込みチラシのようだ。わたしの娘たちはすでに成人していたが、気になって捨てずに保管しておいたものらしい。

いまでは4人の孫がいるが遠くに離れて暮らしている。娘たちの家庭や子育てに口出しする気はさらさらないが、自分の子育ての時に、こんなヒントを知っていればよかったのにと思うことしきりなので、ここに紹介したい。

チラシには<ドロシー・ロー・ノルト博士の著書「子どもが育つ魔法の言葉」の中の見出しを表題「子育てのヒント」として紹介しました>と出典が書いてあった。

一、 けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
一、 とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
一、 不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる
一、「かわいそうな子だ」といって育てると、
          子どもは、みじめな気持ちになる
一、 子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる
一、 親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる
一、 叱りつけてばかりいると子どもは、
          「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう
一、 励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる
一、 広い心で接すれば、短絡的な子にはならない
一、 誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ
一、 愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ
一、 認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる
一、 見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる
一、 分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ
一、 親が正直であれば、子どもは、
           正直であることの大切さを知る
一、子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ
一、やさしく、思いやりをもって育てれば、
           子供は、優しい子に育つ
一、 守ってあげれば、子どもは強い子に育つ
一、 和気あいあいとした家庭で育てれば、子どもは、
          この世の中に希望と勇気をもって生きる事を知る


親ともなれば、忙しい毎日の中でつい幼い子を急かせたり、怒ったり、叱ったりしがちだ。わたしも勤めていたのでそうだった。ここに書いてある項目の全部は無理だとしても、自分に思い当たる2つか3つくらいなら、今日からでも子どもに対する対処法を修正するヒントになるのではないだろうか。

自分に小さい子がいなくても、周りを見れば子どもはいる。彼らはいずれ日本の未来を担う存在だ。だから子どもらの健やかな成長は、結果としてよい社会環境へとつながるから、あたたかい気持ちで彼らの成長を見守るのは大人の役割ではないだろうか。

  ♪ 管理人ウェブサイト 「杉山武子の文学夢街道」 
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


甲斐の国、見延山へゆく

2018/05/10 00:19
ことしの大型連休中も、また甲斐の国をドライブする機会に恵まれた。甲府市在住の知人が案内してくれたのだ。毎年連休中は都内の長女宅に居候して、用事を済ませている。予定したその日、新宿発の特急「あずさ」9号に乗り、約1時間40分で甲府駅に到着。

出迎えてくれた知人の車に乗り込み、出発。さて今年はどこへ行くのだろう。目的地を聞いても土地勘がないのでどっち方面へ行くのやら、ミステリー旅行気分になる。駅を出るとまもなく、正面に雪を頂いた甲斐駒岳や鳳凰山、さらに左手奥には南アルプスの一段と真白い峰々が見えてくる。甲斐の国に来たのだと、いつも心が躍る。

2時間あまり走って着いたのは、見延山久遠寺(みのぶさんくおんじ)だった。途中〇〇宿坊という看板をいくつも見かけた。ここ一帯は修験道の聖地なのだろう。山道を登って駐車場着。そこから急な坂道を歩くこと数分。山の中腹に開けた広大な平地に着くと、大きな堂や五重塔など、いくつもの建物が並ぶ伽藍となっていた。
画像
    久遠寺 諸堂 案内図

画像
    右手奥から本堂、祖師堂

画像
    本殿前の立て札

まず本堂横を回って五重塔へ。そのすぐ横には、目もくらむような石段が谷底のように深いところまで続いている。この石段は菩提梯(ぼだいてい)と呼ばれ、山の麓に位置する三門から本堂までを一文字に結んでいるそうだ。
画像
     五重塔

画像
    三門へと下る石段を見おろす

石段の最上段から下を眺めおろしたが、下にある三門から約100メートルの高さまで287段ある石段を登って来た人々は、ベンチに腰を下ろし、汗をかき肩で息をしながら「きつい〜」を連発。この石段を登って本堂へ来るのが、本来の参拝の形なのだろう。

本堂は明治8(1875)年の大火で焼失したが、昭和60年5月に再建されたという立派な建物だった。本堂には靴を脱いで自由に中に入ることができた。地階には宝物が展示されているらしい。本堂から渡り廊下でつながっている祖師堂、総受付のある報恩閣、さらに仏殿などを歩いて見回った。
画像
    祖師堂

境内は広く、いたる所に枝垂(しだれ)桜が地面にまで枝を垂らしていた。ここは桜の名所でもあり、例年、満開のころは多くの人たちで賑わうという。わたしたちが訪れた5月1日は葉桜だったので、人はさほど多くなく、ゆっくりと境内を散策することができた。
画像
    枝垂桜

身延山久遠寺は縁起によれば、鎌倉時代に日蓮聖人によって開かれたお寺で、日蓮宗の総本山という。また祖師日蓮聖人のお山ということから祖山(そざん)とも呼ばれるという。日蓮聖人の入滅(1282年)から七百有余年の今日まで、その廟墓と法灯は歴代住職によって守られてきたそうだ。

信仰心の薄いわたしだけれど、神社・仏閣やヨーロッパの大聖堂などを訪れたときは、これらを築き営々と守り続けて来たいにしえの信仰心あつい人々を想った。そして静謐な気持ちに打たれ、しばし高い塔や聖堂の内部を仰ぎ見たものだ。この久遠寺の佇まいにも何か惹きつけられるものがあった。
画像
     本栖湖と富士山
画像


甲斐路を走れば、富士山はいつも突然に眼前に現れる。今回も帰路、本栖湖の向こうに富士山の雄姿を望むことができた。その大きさ、秀麗な姿、何度見ても拝みたい気持ちにさせられる。そういえば50年前の高校の修学旅行で、本栖湖と富士を背景に集合写真を撮ったことを思い出した。その後、車は有名な青木ケ原樹海のそばを通って甲府市へと向かい、甲斐路のドライブは無事に終わった。青天にも恵まれ、知人に感謝の一日だった。

  ♪ 管理者ウェブサイト 「杉山武子の文学夢街道」 

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


和製英語という日本語

2018/04/25 17:35
最近はテレビ番組の一部がパソコンやスマホのyoutube(ユーチューブ)にアップされることが多いので、気になる番組はパソコンで見ることが多い。先日は「ワタシが日本に住む理由」を見た。福岡市と北九州市の中間に位置する宗像(むなかた)市に住んでいる、アメリカ人女性アンさんが登場していた。

わたしは福岡県出身なので福岡には土地勘があり、彼女が住んでいる宗像も、勤め先である北九州市立大学も知っている。しかも彼女は日本語の中の和製英語を集めて研究しているというので、大いに興味を惹かれた。

日本在住16年の彼女は、日本語がうまい。というより、ちょっと変な博多弁を使ってテンポよくしゃべる。見た目は金髪のヤンキー風アメリカ人。黒の革ジャンにピアスもいっぱい付けて、話し方もあけっぴろげで、とても大学の准教授にはみえない。しかも3姉妹の母だという。

これまで日常会話の中で使われている英語由来の言葉を1,057語収録していて、それを基に「和製英語本」を作成中だという。現代の日本語には外来語が多く含まれているが、日本在住の英語圏の外国人は、自分たちに通じないヘンテコリンな和製英語をバカにするそうだ。

しかしアンさんはあるとき、「和製英語は日本語だ」と気づく。英語ではないのだから「ネイティブスピーカーが批判する権利は無い」と考えるようになり、それが和製英語の収録、そして研究へと発展したそうだ。ちなみにヤンキーも和製英語。

アンさんによれば、英語よりも和製英語のほうが分かりやすいものもあるという。たとえばベビーカーは英語で stroller 、ベビーベッドは crib 。なので、英語より和製英語のほうがずっと分かりやすいと。ほかに英語にはない和製英語の例として、パワースポットを挙げていた。

そんな和製英語を初めて聞いたときには、知らない単語なので「それ何?」と聞き返していた。けれども説明を聞くうちに「何て素晴らしい単語だろう」と逆に感心し、日本には「いいとこ取りの考え方がある」と、日本人の言葉に対する創造力の高さを評価していた。

ほかにも英語の単語を合体させて作った和製英語の例として、ベッドタウン(suburb)、スキンシップなど。アメリカ人の友人にスキンシップという言葉を使ったら、「皮から作られているボート」だと解釈したそうだ。シルバーシートも英語にはない和製英語。

アメリカにいた若い頃に摂食障害に陥ったことがあり、また腸が悪くて長い間苦しめられていたそうだ。宗像に来て日本人の友人にその話をしたら味噌作りを勧められ、手製の味噌で毎日みそ汁を作り、日本食を食べるようにな
って腸の調子が良くなり、健康になったという。

日本語の発音のきれいなところが大好きだというアンさん。大好きな日本語として「大判振る舞い」と「散りばめられる」を挙げていた。英語より日本語を話している時の方が、自分の個性が出せるような気がするし、ハッピーになれると話していた。久しぶりに面白くて元気をもらった番組だった。

  ※アンさんのブログ(日本語&英語)
   「アンちゃんから見るニッポン」
      https://ameblo.jp/annechan521/

  ♪ 管理者ウェブサイト 「杉山武子の文学夢街道」 

記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


国籍とコスモポリタン

2018/04/11 19:15
外国滞在中は、命の次に大事だといわれるパスポート。その表紙裏には「日本国民である本旅券の所持人を通路故障なく旅行させ、かつ、同人に必要な保護扶助を与えられるよう、関係の諸官に要請する。」と明記され、「日本国外務大臣」の文字の上に朱色の角印が押してある。その下には同じ文言が英文でも表記してある。

その旅券を持って国外へ出ている間に、自分の国が消滅してしまうなどということは、日本人のわたしにはとても想像できない。だから安心して外国へも行くし、また戻って来られる。しかし世界中には、人間の生涯より寿命の短い国が現実に存在することだってある。

ヤドランカ・ストヤコヴィッチのことを知ったのは、2000年ごろ、偶然見たテレビ番組だった。ヤドランカという、日本語のイメージが沸くような名前を持つ彼女は、旧ユーゴスラビア出身の女性歌手。1984年、サラエボで冬季オリンピックが開催された際、テーマソングを歌った国民的な歌手だった。

日本人には馴染みの薄かった旧ユーゴ、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ共和国の首都サラエボは、東洋と西洋文化の交流地点であり、コスモポリタン都市とも呼ばれていた。ソ連邦崩壊後の1991年、旧ユーゴ連邦内でクロアチアとスロべニア共和国が独立を宣言し、内戦に発展。それまでサラエボはクロアチア人、ムスリム人、セルビア人、ユーゴスラビア人が混ざり合って住む、つまり人種も宗教も関係なく共生していたコスモポリタン都市だったという。

ヤドランカは歌手として1984年に招待で初来日、1986年に2度目の来日をし、1988年には日本に移り住んで音楽活動を始めた。彼女は旧ユーゴ連邦発行のパスポートで日本に入国したが、日本滞在中に彼女の「国」は内戦で消滅。そればかりか戦火にさらされたサラエボでは、彼女の出生を証明する書類も、銀行預金も、父母の証明も、あらゆる書類が失われてしまったという。

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ共和国として独立した祖国を、日本政府が独立国家として承認した1996年まで、彼女には自分がどこの国の誰なのか、何も証明するものがない宙ぶらりんな状態が続いたのである。

ヤドランカの父はセルビア系、母はクロアチア系、祖母はイタリア人とクロアチア人を両親としているという。そのため親類の家に行くたびに習俗が全く違っていて、それぞれの家が外国のように感じられたという。コスモポリタン都市に生まれ育った、彼女らしいエピソードだ。

高校生の頃、彼女は美術教師であった母の本棚に安藤広重の画集を見つける。それがヤドランカと日本との最初の出合いだったという。広重の画集には小林一茶や正岡子規のローマ字表記の俳句が訳文付きで収められており、それを読んでいくうち、句の持つリズムが自然にメロディーを呼び起こし、曲ができたという。もちろん彼女は日本語を全く知らなかったが、サラエボ時代に作ったその曲の名は「HAIKU」だ。

ヤドランカは「何人(なにじん)か?」と聞かれたとき、クロアチア人ともセルビア人ともユーゴ人とも答えたくないという。彼女は「インディヴィジュアル(個人)です」と答え「コスモポリタン(世界人)として生きます」と。「HAIKU」は生まれながらのコスモポリタンである彼女にして、初めて表現できた歌なのかもしれない。

島国日本に生まれたわたしに、「国」や「国籍」って何だろうと考えさせてくれ、コスモポリタンとして生きる姿を見せてくれたのがヤドランカだった。彼女は仕事の為帰国した際、ALSと診断され、闘病中の2016年5月3日に亡くなった。命日が近づくこの時期になると、大好きだった彼女のことが思い出されて懐かしく、また悲しくなってくる。

  「ヤドランカ オフィシャルホームページ for Japan」
    http://jadranka-jp.com/
  ヤドランカと琵琶・琴とのコラボレーション(2009)
    https://www.youtube.com/watch?v=QCGoF2T2XUQ

 ♪ 管理者ウェブサイト 「杉山武子の文学夢街道」
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


18歳と81歳の違い

2018/04/01 21:15
2カ月に1回、福岡県の北九州市でやっている読書会に出かけています。鹿児島から博多までJR九州新幹線、博多から折尾までは特急を利用。運賃も結構かかりますが、息抜きにもなるので楽しいものです。10人以下の少人数、来る者拒まず去る者追わずの自由な雰囲気も気に入って、もう13年目に入りました。

会場はJR折尾駅前の公共施設の研修室を借りていますが、必ず通る1階通路の壁に「面白い話」として、こんな張り紙がしてあります。題して「18歳と81歳の違い」。気になって見てみると、おかしくもありますが、自分も高齢者の仲間入りした身となっては、笑ってばかりもいられません。

作者の名前など書いてありませんから「読みびと知らず」として、勝手にここに転載させていただきます。もし「自分の作だ」とか、作者をご存知の方がおられましたらお申し出ください。作者名を明記いたしますので。

 ・恋に溺れるのが18歳、風呂で溺れるのが81歳

 ・道路を暴走するのが18歳、道路を逆走するのが81歳

 ・心がもろいのが18歳、骨がもろいのが81歳

 ・まだ何も知らない18歳、もう何も覚えていない81歳

 ・東京オリンピックに出たいと思うのが18 歳

 ・東京オリンピックまで生きたいとおもうのが81歳

 ・自分を探している18歳、皆が自分を探している81歳


まあ面白いというか、冷やかし半分にも取れますが、この「面白い話」が掲示されている意図は何でしょうか。高齢者の衰えぶりを笑うというより、誰でもいずれこうなりますよという、むしろ若者に向けた教訓めいた話にもとれます。

18歳の人が81歳まで生きられるかどうかは不明ですが、81歳の人が18歳から63年間に遭遇した出来事や経験というのは、18歳の若者には想像もできないほどの量のはず。それは同時に、これから大人になる18歳を待ち受けている、人生の荒波に匹敵するのではないでしょうか。

「人生100年時代」と言われ出した現在では18歳と81歳ではなく、「19歳と91歳の違い」としたほうが、より現実的かもしれません。学校に通っている若いうちは、自分が老人になるなんて実感はほぼありません。しかし「光陰矢の如し」の諺のとおり、月日は飛ぶように残酷に過ぎていきます。

わたしの感覚では小学生のとき、お正月が来るのを指折り数えて待っていた時代が、1年間が一番長かったように思います。ところが実際は1秒1分1時間の長さは万国共通、大富豪でも貧乏人でも万人共通なのが「時間」です。

わたしたちが日常使っている電化製品、車、文房具、医療機器、電子機器、衣食住に至るまで、過去の人々が発明したり改良に費やした膨大な時間の集積したものを、現在のわたしたちは当たり前のように享受しています。そんな時間について考えさせられた「18歳と81歳の違い」でした。

【後日談】ある読者からの情報によりますと、4月4日現在、わたしの見た張り紙はもう無かったそうです。また別の読者からの情報によりますと、2016年1月に<テレビの長寿番組『笑点』の大喜利コーナーで出されたお題への回答>だそうです。どうりで面白いはずですね。ご参考までに張り紙の写真を添付します。

画像


 ※参考 「国語大辞典」小学館 昭和56年12月10日第一版

  ♪ 管理者ウェブサイト 「杉山武子の文学夢街道」 
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


高校卒業50年同窓会

2018/03/14 20:20
先日、福岡県久留米市で高校卒業50年の学年同窓会が開かれ、出席しました。3年前のこの時期にも同窓会があって出ました。そのとき欠席だった人に久しぶりに会えて喜んでいると、逆に前回元気だった級友(男性)が亡くなったと聞いて、ショックでした。

1クラス50名が9組まであって、学年全体で450名でした。団塊世代のしんがりのわたしたちは、小・中・高と常に机は教室の後ろの壁近くまであるのが普通。いつも競争にさらされ、高校受験も大学受験も就職も押し合いへし合いの連続だったように思います。

クラス担任9名のうち、すでに亡くなられている恩師は3名。今回は3名の先生方が参加されました。わたしのクラス担任だったE先生は女性で、なんと92歳で足も頭もしっかりされています。男性はY先生83歳、M先生81歳のお二人で、こちらもまだまだ元気いっぱい。先生を囲んで思い出話に花が咲きました。

開会の辞のあと、亡くなった級友たちへの黙祷。そして校歌を斉唱しました。歌詞は配られましたが、遠い昔の校歌が普通に歌えるから不思議です。すぐ分かる人、誰だっけと思い出せない人、さまざまですが、全員名札を首からぶら下げているので、ちらっとそれを見て顔を見て、再確認でした。

女性同士は話していると声や話し方の癖などが思い出されて、すぐに50年前に戻って割とわかります。それにくらべると男性は見た目の変貌が激しいように感じます。ところが男性に言わせると、男同士は分かっても、女性は化粧もしているし変わっていて誰だか分かりにくい、という真逆の意見でした。

以前まで配られていた住所録が今回はなくて、会場のテーブルに各クラスごとの名簿がずらりと並べられただけ。「持ち出し・複写厳禁」の文字の横に、必要がある人のみ各自メモしてください、との注意書きがありました。個人情報保護の観点から、致し方ありません。

卒業後50年ともなれば、どのクラスにも亡くなった級友が数名はいて、それを知った時には何とも言えず悲しくなります。50年の間にはそれぞれに艱難辛苦や試練があったにしても、同窓会に出てきた人は、現在はおおむね平穏に暮らしているのだろう、と思ったことでした。

早世した級友で思い出すのは、コーラス部で一緒に歌っていた2人の女性です。一人娘のAさんはピアノが得意で、甘いお菓子が大好きでした。実家を離れて短大に進学しましたが、正月に帰省したときに水をがぶ飲みし、新調した振袖を成人式に着ていくのを楽しみにしていたそうです。でも式の数日前に、糖尿病のため下宿先で亡くなったというのです。

Bさんは心臓に持病があり、卒業後は就職も進学もしていなかったとか。ある夜、彼女の部屋が遅くまで明るいので母親が様子を見に行くと、部屋中に四季の服が散らばり、Bさんは好きな服に着替えては姿見の前に立ち、ニッコリしていたそうです。虫の知らせというのでしょうか、彼女は翌日亡くなりました。二人とも19歳の若さでした。

その年はお葬式と初盆が続いて、同級生にとっては悲しい1年でした。初盆にAさん宅に数人でお参りしたとき、「あなたたちはこんなに元気なのに、なんでうちの娘だけが」と、ご母堂に泣かれた時は、皆うな垂れて辛かったことを思い出します。もう彼女たちの何倍も長く生きたのだなあと、最近はこうして生きていること自体、ふと不思議な気持ちになるのです。

 ♪ 管理者ウェブサイト 「杉山武子の文学夢街道」
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


タイトル 日 時
オリンピック
◆つい先日、ピョンチャン冬季オリンピックが閉幕しました。開幕前から政治色が目立つ印象でしたが、ともかく大きな混乱もなく終わり安堵しています。日本の選手たちはベストを尽くしたでしょうし、過去最高のメダル数を獲得して練習の成果が形になったことを、素直に喜びたいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/28 20:13
 石牟礼道子さんの思い出
◆今月10日未明、水俣病患者さんの苦しみを描いた「苦海浄土」で知られる作家の石牟礼道子さんが亡くなりました。90歳でした。詩人でもある彼女の書く文章はぬめるような感じがあって、しかも鋭く、人を惹きつける魅力を湛えています。出る本は次々に読んでいったものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/14 17:58
葦平忌
葦平忌 ◆葦平とは、現在の北九州市若松区に生まれ、戦中戦後に活躍した昭和の作家・火野葦平のことです。昭和13年、31歳のとき「糞尿譚」が芥川賞に決まり、出征していた中国の陣地で授賞式が行われました。葦平はさらに「麦と兵隊」「土と兵隊」「花と兵隊」と立て続けに発表し、一躍人気作家となります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 7

2018/01/24 00:15
冠雪したきょうの桜島 
冠雪したきょうの桜島  ◆きょうの鹿児島市の天気予報には、雲と雪ダルマだけの珍しいマークがついています。つまり曇り時々雪、明日は雪のち晴れの予報です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2018/01/11 10:44
われにきびしく・うそつかず 
◆数年前に前期高齢者の仲間入りをして、わたしもいよいよ老人の仲間入りかと観念した。自分では体力的には10年前とさほど変わっていないと思っているので、年を取ったという実感がない。ただ、鏡を見れば、う〜ん、ほうれい線や細かい皺やシミが目につき、気分が悪くなる。えい、塗って隠しちゃえ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/12/27 21:36
スポーツ観戦から学ぶこと
◆九州(福岡県)に生れて育ったわたしにとって、ウインタースポーツとは縁がないまま過ごしてしてきました。スケートは福岡市内で冬季限定のリンクに、中・高生のころ数回試しに行ったことがありますが、滑るより転んでばかり。それきりで終わりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/29 00:17
ノンちゃんとのひと夏
◆ノンちゃんは、ことし7月に3歳になったばかりの女の子だ。歌を歌うのが大好きで、言葉や文字に対する関心が強い。今年の夏、そのノンちゃんに妹が生まれたので、おばあちゃんであるわたしは家事の支援のために上京し、 38日間をノンちゃん一家と暮らした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/08 19:54
思いやりの心
◆あれは確か高校生の頃だった、と思い出して年齢を計算して驚いた。なんと今から半世紀も前のこと。われながら長く生きたものだ。と思う一方、日本人女性の平均寿命まであと20年もあるではないかと気づいて、これまたびっくり。余命や余生などと言っている場合ではない長さである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

2017/10/18 23:08
きょうの桜島
きょうの桜島 ◆しばらく音無しの構えだった桜島が、この夏より、再び活動を開始しました。1日に10回以上爆発・噴火することも珍しくありません。そのため風向き次第では、火山灰の襲撃を受け、道路には砂状の灰があちこちにかたまり、風が吹けば舞い上がって目に入ります。(トホホ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/18 13:17
港区芝界隈を歩く
港区芝界隈を歩く ◆現在、東京都港区内の長女夫婦宅に8月1日から滞在しています。というのも、長女が第二子を出産したので、産後の家事支援のために来ているのです。わたしの主な役目は、食事作り、買い物、掃除、上の子(3歳児)を保育園に送迎することです。たまには娘に代わって赤ん坊の世話もします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/08/23 11:35
ザビエル教会コンサート
ザビエル教会コンサート ◆毎年楽しみにしている音楽祭が2つあります。1つは春の大型連休中に東京の有楽町駅にほど近い、東京国際フォーラムを中心会場として開催される「ラフォルジュルネ・オ・ジャポン」です。約10年ほど前から、東京在住の娘と行くようになったのが始まりです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/26 20:07
ブログ開設12周年
◆2000年1月1日に自分のホームページを立ち上げ、翌年3月からはメールマガジン「僕らはみんな生きている!」を創刊して、毎週水曜日に配信を始めました。以後10数年間、4カ所のメルマガスタンドから発行を続け、時々充電期間と称して1〜2カ月お休みしながら、この数年は発行回数を隔週に減らして何とか発行を続けております。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/05 17:37
梅雨の晴れ間の桜島
梅雨の晴れ間の桜島 ◆きょうの天気予報は、雨模様のはずでしたが、重苦しく垂れこめていた雨雲が夕刻になるにつれてすっかり退き、数日ぶりに天高い青空が広がりました。桜島の山頂には、珍しく雲が乗っかっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/29 22:49
三感王
◆野球の三冠王なら知っているが、三感王とは初めて聞く言葉だった。これは先日の朝、NHKテレビを見ていたら、ゲストで出演していた加山雄三さんの話の中に出てきたもので、自分が大切にしている言葉は「三感王」だと。どんな字を書くかというと、「感心」「感動」「感謝」の3つ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/21 21:30
ストロベリー・ムーン
ストロベリー・ムーン きょう6月9日は満月です。ネイティブアメリカンは夏至に近いこの時期の満月を「ストロベリームーン」と呼ぶそうです。この時期はストロベリーの収穫時期ということもあり、この名前がついているそうです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/09 20:15
0歳と90歳
◆今年に入ってこれまでの5カ月は、正月早々に次女が出産した新生児との対面に始まり、続いて3カ月前に圧迫骨折して整形外科に入院した義母さんの見舞い。5月の連休明けに退院してからは、わが家で養生するため引き取って、生活全般の世話をする毎日だ。0歳児と90歳の両方を世話して、「人の一生」の重みを実感している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/25 17:21
健康の秘訣
◆「かかりつけ医」という制度が最近日本で始まったことは知っていたし、欧米には古くからホームドクター(家庭医)という制度があることも知っていた。かかりつけ医というのはただ単に、自分で医師を選んで決めておくことなのだろうと、勝手に思い込んでいた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/04/26 00:35
たそがれの桜島と甲突川
たそがれの桜島と甲突川 ◆夕方に夕立のような雨がひと降りしました。その後、雨は上がり、たそがれゆく桜島と、川面に雲を映す甲突川が美しかったので撮影しました。(2017年4月24日19時21分撮影) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/24 19:42
90歳
◆最近生まれたての赤ん坊(孫)の世話から、一転、90歳のばあやさん(姑)の見舞いのため、入院先の病院へ通っているので、人生90年という時間の重さを実感する日々です。あやすとニコッと笑うようになった孫に癒される一方、圧迫骨折で入院中のばあやさんの姿は、長生きすれば遠からずやってくる自分の未来を見ているようです。自分もああなっていくのかなと。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/23 02:41
生後43日目から…
◆出産から45日目の2月末日まで産後の娘のサポートをして、鹿児島市の自宅に戻った。長いような短いような日々を、赤ん坊の沐浴の補助・炊事・洗濯・掃除・3歳児(孫)の保育園への送迎、食材の買い物等々、主婦業に明け暮れた。いざ終ると名残惜しいような気もしたが、奉公が終わったような、解放された心境にもなった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/01 23:17
3歳児
◆昨年秋の誕生日で3歳になった孫に、先日、妹が生まれた。この世に誕生してほんの数日の、嬰児(みどりご)だ。ただいま無職のおばあちゃん=わたしは、3歳児孫の世話と産後の娘の支援のために、いま福岡市博多区の娘夫婦宅に滞在している。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/18 14:31
夕陽に映える桜島と上弦の月
夕陽に映える桜島と上弦の月 ◆2016年12月11日。あまりに良いお天気だったため、また空気も乾燥していたので、洗濯物をたくさんベランダに干しました。夕方、洗濯物を取り込みにベランダへ出ると、夕陽を浴びた桜島が濃い紫色に染まり、まさに日暮れようとしているところでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/12 23:25
歌よむひと
◆きょう11月23日は、樋口一葉の命日です。30年ほど前のちょうどきょう、一葉関係の資料を探しに、というか見に、目黒区駒場にある日本近代文学館へ足を運んだことがありました。京王井の頭線の駒場東大駅前下車。西口から歩いて7〜8分ほどかかりますが、途中、駒場公園内を通り、旧前田家の洋館をながめ、奥のほうに文学館はありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/23 17:19
一葉記念館を訪ねて
一葉記念館を訪ねて ◆去る9月末にある週刊誌の記者から、樋口一葉のことについての取材依頼があった。樋口一葉の研究者はたくさんいるのに、なんでわたしに? と思ったが、一葉のことを知ってもらうためなら取材でも原稿でも、頼まれれば原則引き受けようと決めているので、今回も承諾の返事をした。そして1カ月ほど前、記者のMさんが鹿児島市内の拙宅へ取材に来られた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/09 21:09
国際オーガニック映画祭 in KAGOSHIMA 2016
国際オーガニック映画祭 in KAGOSHIMA 2016 ◆毎年秋に恒例となっている、国際オーガニック映画祭がわたしの住む鹿児島市内で開催されます。主催:NPO法人鹿児島県有機農業協会/オーガニック映画祭かごしま実行委員会、共催:一般社団法人鹿児島コミュニティシネマです。メインテーマは、 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/13 11:47
夕暮れの桜島と虹のアーチ
夕暮れの桜島と虹のアーチ ◆きょうは7月7日、七夕です。朝からすっきりとした夏空でしたが、夕方からにわかに厚い雲が空を覆いました。どうやらはるか南の海上に発生した大型の台風1号の影響のようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/07 20:20
見えない世界
◆たくさんの物に囲まれ、目に見える世界に暮らしているわたしたちは、それが全てとは思わないにしても、かなりの部分満足して生活していると思う。また例えば目の見える人は、見えない人より優位に立っていると思い込んでいるかもしれない。ところが最近、わたしは見えない世界のことがどうも気になってきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/06 12:06
ホタルの光
◆町なかに住んでいるので、ホタルの話題は1カ月ほど前にテレビで見聞きして、それきり忘れてしまっていた。今ごろになって、そういえばもう長いことホタルの乱舞を見ていないなと思った。便利な生活をしているぶん、四季折々の繊細な自然の移り変わりにすっかり疎くなってしまったようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/22 23:12
◆九州南部は例年より少し遅く、梅雨に入りました。日本には春夏秋冬というはっきりした四季がありますが、数年間日本に住んでいた外国の知人は、日本は四季のほかにも雨季があると言いました。亜熱帯地方の雨季とは違い、日本の場合の梅雨は雨期ですと言いましたが、そんな細かい事はどうでもいいのかもしれません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/08 13:52
平和菌の歌
平和菌の歌 ◆東日本大震災による福島原発事故によって長期間にわたり立入りが規制され、甚大な被害を受けた地域の1つ、福島県南相馬市。そこに知人の一家が住んでいます。先日思いがけずに電話が掛かって来て、数年ぶりに震災後の消息が分かり、互いの無事を喜び合いました。その彼(といっても私より10歳年長)から郵便物が届きました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/27 00:40
嗚呼、熊本城
嗚呼、熊本城 ◆一昨日来、熊本地方や大分地方を震源地とする地震が頻発しています。九州全体が揺れ動いています。今回の地震で被災された皆さまに、お見舞い申し上げます。またお亡くなりになられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/04/16 15:21
シニア・ボランティア
◆自宅近くの施設でJICA(ジャイカ)ボランティアの説明会があると知ったので、出掛けました。JICA とは独立行政法人・国際協力機構のことで、日本政府が開発途上国へ国際協力を行う実施機関です。開発途上国が抱えるさまざまな課題解決を支援するための組織ということで、前々から興味を持っていたのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/13 15:17
桜とクスノキと桜島 甲突川河畔の散歩 
桜とクスノキと桜島 甲突川河畔の散歩  昨日お天気が回復して、気温があがったせいでしょうか。甲突川両岸の桜並木も、やっとやっと8分咲きくらいに開花しました。今年は開花宣言が出てから咲きそろうまでが長くかかり、満開はきょう・あすといったところでしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/06 10:33
きょうの桜島と甲突河畔 桜灯りフェスタ
きょうの桜島と甲突河畔 桜灯りフェスタ 各地で桜の満開の便りが聞かれますが、わたしの住む鹿児島では、3月27日に開花宣言がありました。もっと西や東にある地方が次々に開花宣言する中、遅めの開花でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/02 21:05
飛行船ときょうの桜島
飛行船ときょうの桜島 さきほど何気なくベランダから曇り空を眺めたら、なんと飛行船が左から右へと飛んでいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/13 16:23
雪化粧の鹿児島市
雪化粧の鹿児島市 天気予報通りに、きょうの鹿児島地方は早朝から雪が降り出し、午前9時ごろにはふぶいていました。当地では久し振りの雪景色となりました。市バスやJR在来線の一部、高速道路、離島へのフェリーなどが運休するなど、交通機関にも影響が出ています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/24 10:01
光る言葉
◆冬とは名ばかりの暖かさが続くので、鹿児島の長い秋を楽しんでいるうちに、ふと我にかえれば、ことしもあと3週間を残すのみとなりました。先月のうちに買っておいた手帳を12月になって使い始めましたが、こまごまとした大切なメモ類は、新しい手帳に引き継ぎを行います。これも楽しい年中行事のようなものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/09 00:09
きょうの桜島とダブルレインボー
きょうの桜島とダブルレインボー ◆朝、太陽は桜島の向こう側から昇ります。そのために、夜明けの桜島は逆光の浮かび上がり、黒々と見えます。きょうはその黒い山がかなり明るくなったころに撮りました。手前の甲突川に雲が映っています。実はきょう桜島が昨年よりも18日も早く冠雪したそうですが、残念ながら写真では確認できませんでした。(写真をクリックすると拡大します) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/27 23:43
きょうの桜島
きょうの桜島 ◆爆発的噴火がここ1カ月以上も無い桜島。いったいどうしたのでしょうか・・・。洗濯物が外に干せて大変助かっていますが、マグマをたくさん貯めこんでいるのではないかと不気味です。貯めに貯めて、一気にドッカーン・・・となりませぬように。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/24 23:26
ちいさな国際交流
◆某月某日、某所での読書会のあと、知人とふたりで焼き鳥屋へ行った。時間は午後9時。入り口からひと目で店の奥まで見渡せたから、店内は広くはなかった。くっつくように置かれた4人掛テーブルは、若い男女で大賑わい。満席なら出ようと思ったが、出入口横のカウンタ席ーが3つ空いていたので、そこに腰を下ろした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/14 23:23
あさきゆめみし…
◆この一週間はわたしにとって、良い事・悪い事があり、いろんなことを思いました。そんななか、不意に頭に思い浮かんだのは「いろは歌」でした。あの「いろはにほへとちりぬるを…」で始まる、平安中期以降につくられたといわれる七五調47文字の歌です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/23 01:03
サイン・コサイン・タンジェント
◆先月末の27日、鹿児島県知事の発した一言が、翌日の南日本新聞に載った。ローカルニュースと思いきや、その日のうちに全国ニュースに格上げとなり、世間を騒がせる結果となった。28日付南日本新聞の社会面を開いたわたしも、一瞬「うぁ!」と、驚いた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/09 09:18
この夏
◆日本には春夏秋冬の四季がある、というのが通説です。夏は一応6月からと日本人は季節を区切りますが、人によっては、特に外国から来た人たちは、四季のほかに雨期があると感じるようです。雨期はつまり梅雨のことですが、ジメジメして汗ダラダラの蒸し暑さには、びっくりするそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/26 02:19
旧友との再会
◆家の都合で欠席しがちだった東京でのある会議に、今週火曜日に急遽行ってきた。メンバーの多くは首都圏や信越在住で、半数が後期高齢者。年8回も都心に集まるのは大変である。わたしは鹿児島からの参加なので、早 々と飛行機を予約するが、前回は義母の体調悪化で直前になってキャンセルした。交通費なんてもちろん出ない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/28 16:48
日本国憲法 前文 を読もう
ここに日本国憲法前文をかかげます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/17 00:55
スポーツの楽しみ
◆わたしが何らかのスポーツを楽しんでいると勘違いされそうな題名ですが、実はいまスポーツと呼べるもの、例えばテニスとかバドミントンとか卓球などなど、同世代の女性がやってそうなものは何もやっておりません。つまりスポーツは、主にテレビで観て楽しんでいるということなのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/13 02:50
平然と逝く
◆前回のエッセイで、ある方の書かれていた「老いは、幸運の果実」という言葉を紹介しました。それは実は、わたしが最近通い始めた近所の内科クリニックの院長先生が、診察室などの壁に自筆の筆文字で、画用紙大の紙に書かれている文言の1つなのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/04/22 00:22
幸運の果実
◆春は何かと身も心も浮き立つ季節です。あれほど待ち焦がれたお花見も、あっという間に終わり、新年度、新学期が始まりました。わが家では先月末、夫が在職中に一度も大病することなく、事件や事故にも遭遇せず、無事定年退職を迎えました。この幸運に、神様仏様のみならずどなた様にも感謝の気持ちでいっぱいです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/08 00:07
父の面影
◆忘れ去っていたわけではない。けれどもめったに思い出すことのなかった父のことが、先日、ふいに脳裏に甦った。それは22年前に他界してから、わたしの近くで浮遊しながら見守ってくれていると信じる、亡き父の魂の呼びかけであったのかもしれない。たまには、わしのことも思い出せよと。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/25 00:07
あの日から4年
◆その日わたしは美容院に行って髪を切り、バスを降りて家に向かって歩いているところだった。バッグの中で携帯電話の着信音が鳴った。夫からである。時間は午後4時近かった。仕事中のこんな時間に電話をかけてくることなど普段は無い。何事だろうと不審に思って電話に出た。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/11 01:32
樋口一葉ゆかりの質店、解体の危機迫る
このブログの読者の方から、きょう12月18日付の新聞記事を2つご紹介いただきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2014/12/18 23:51
日記帳
◆中学生のころから日記を書く習慣があり、年末に新しい日記帳を買うのが楽しみだった。表紙が厚く、1日1ページの縦罫のもので、さらにどのページにも小さな字で一行、古今東西の諺や名言の類が書いてあるものを選んだ。それを毎日読んで、新しい言葉に出合えるのが嬉しかった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/12/17 01:51
人は不意にいなくなる
◆昭和の映画界で一世を風靡した大物映画俳優が先月相次いで亡くなった。10日に亡くなった高倉健さん(83歳)と、28日に亡くなった菅原文太さん(81歳)は、ほぼ同時期に、片や任侠映画、片やヤクザ映画シリーズで活躍し、ライバル関係でもあったという。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/03 01:32
小さな図書室
◆ふたりの娘がまだ小さかったころ、福岡市東区に住んでいた。区には一つだけ市民図書館があったが、私たちの住んでいる場所からは遠く、車で行かない限り利用できなかった。仕事をしていたこともあり、夏休みでも娘たちをいつも図書館へ連れていくことなど出来なかった。「どうして図書館の近くに住んでいないの?」と娘に非難がましく言われたとき、返事に窮した。共働きの身には図書館はありがたい存在だったのに、うかつだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/26 01:03
さよなら健さん
◆映画俳優の高倉健さんが亡くなりました。正確には11月10日午前3時49分、都内の病院で旅立たれたそうです。最初にニュースで知ったとき、ちょっと信じられない思いでした。つい最近、某会社のテレビCMで見たからです。なにしろ長身でカッコよく、しかも頼れる父親のような存在感があって、わたしの好きなタイプでした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/19 01:27
記念日
◆きのうは11月11日でした。この日は個人的なことでは36回目の結婚記念日でした。(よく続いたもんだ)そこで何かの公的な記念日でもあるかもしれなと思い調べてみると、日本国内のものだけで27個も制定されていました。11月11日を含む、〇〇週間や△△月刊は除いての数字です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/11/12 00:53
ミラクルムーンときょうの桜島
◆きょうの鹿児島市は晴天の良い天気でしたが、桜島上空の風のため、降灰は鹿児島市内直撃コースでした。そのためどんなに晴天でも、屋外に洗濯物は干せません・・・・。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/05 17:55
きょうの桜島
2014年10月24日。きょう2回目の大きな爆発です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/24 12:35
高齢者の仲間入り
◆10月も下旬になり、もうすぐ亡き母の祥月命日がやってくる。今年は3回忌に当たるので、今週末には法事のため、実家のある福岡県久留米市へ帰ることにしている。もうあれから2年もたつのかと、時の過ぎ行く速さを実感せずにはいられない。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/22 00:35
きょうの桜島
10月20日午後4時の桜島です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/20 16:53
天変地異
◆御嶽山が秋晴れの9月27日土曜日のお昼前、突如として噴火しました。登山日和のその日、多くの登山者がちょうど山頂付近に到着し、喜び合ったりお弁当を広げたまさにそのタイミングで、火口から噴煙が上がったのです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/08 01:24
バスと老人
◆現在、鹿児島市のJR鹿児島中央駅近くに住んでいる。福岡市から鹿児島市に移住した約15年前は別の場所で、市の中心部に行くにはもっぱら市営バスを利用した。たいてい昼間に外出したが、バスに10人乗っているとすれば、お金を払って降りる人は3か4人、あとは丁寧にお辞儀をして下車する無料の敬老パスの人ばかりだった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/17 00:21
散歩
◆最初に朝の散歩を思いついたのは、かれこれ10年前のこと。夏なら日の出前に起きて、鹿児島湾の護岸ぞいに整備された緑地帯を歩いていた。歩く時間は1時間。歩いている途中で朝日が昇ると、家に着いたころには汗だくになるほど、鹿児島の夏の朝は暑い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/10 00:36
スーパームーン
9月9日は、重陽の節句です。 重陽(ちょうよう)の節句の起源は中国にあります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/09 21:56
焼け残った古文書
◆去る8月13日は兄の初盆だった。一昨年秋の母に続き、昨年末、70歳という若さで、母の後を追うかのように兄があっけなく病死した。わが実家では2年続けて初盆を迎え、兄嫁一家、姉妹・おじ・おば・いとこ・はとこなどが集まり、一年ぶりに互いの息災を確かめ合うことが出来た。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/27 01:03
東京で気づいたこと
◆7月初旬から39日間、東京都港区の娘夫婦宅に居候しました。娘の出産後のサポートのためです。日に3度の食事の用意と近所のスーパーへ食材の買い出しが主な役目でした。時々は港区のコミュニティーバス(ちぃバス)に乗って、麻布十番の商店街へも足を延ばしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/21 00:37
真夏の東京散歩
約2カ月ぶりのブログ更新です。 7月1日に長女が女児を出産し、産後のサポートのために7月4日から8月11日までの間、東京港区の娘夫婦宅に居候していました。三度の食事の用意と買い物が主な役目でしたが、他にも娘夫婦に沐浴の指導をしたり、時には赤ちゃんの世話もやりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/19 00:33
雲と桜島
◆昨日からまる一昼夜降り続いた雨も、今朝はようやく小雨になり、昨日は1メートルばかり上昇していた甲突川の水位が元に戻り、一安心です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/06/22 11:04
思い立ったが吉日
◆つれ合いの転勤のため、私自身は退職を余儀なくされて2年遅れで鹿児島に来た。そのときはまだ50歳だったので再就職を目指して、張り切ってハローワークに通ったが、年齢的なハンディもあってか希望する正社員の職などてんで無かった。観念して、これも人生かと専業主婦の道を選んだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/05/28 00:27
きょうの桜島
◆昨日は終日大雨や小雨が降り続きましたが、きょうはうって変わって晴天です。お昼前とあとに、義母宅へ往復するため木造の橋を渡りました。この橋は甲突川に掛かる、観光名所「維新ふるさと館」と対岸にある「観光交流センター」とを結ぶ小さな橋です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/13 14:55
笑いの力
◆「笑う」を辞書で引くと、1)口を大きく開けて喜びの声をたてる。おかしがって声を立てる。2)(「嗤う」とも書いて)ばかにしてわらう。嘲笑する。3)(「咲う」と書いて)つぼみが開くこと、果実が熟して皮が裂けること、また縫い目がほころびることなどにいう。4)力が入らず、機能しなくなる。(ひざが笑うなど)と書いてあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/23 02:21
鹿児島市内の春便り
◆現在、鹿児島市のJR鹿児島中央駅近くに住んでいます。   市内を散歩しながら、また自宅のベランダから携帯電話のカメラで撮った写真をご紹介します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/17 12:00
老いを感じるとき
◆10代の頃は自分が年を取って大人になるなんて、想像するのも嫌で、汚れた大人の仲間入りなんかしたくないと悩んだりしたものだ。でも時間は容赦なく過ぎ、無垢な少女もやがて女としての機能を備え、もがいているうちに否応なしに男と女をつなぐ深く暗い河の中に放り込まれる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/16 00:03
桜島
◆4月になった。春まっさかりである。最近、天気のいい日中には20度を超す気温になる鹿児島市。夜具の毛布ともずい分前におさらばし、掛け蒲団だけで事足りる。毎朝、ベランダ側のカーテンとサッシ戸をあけて、いの一番に東に位置する桜島を拝む。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/02 01:12
ありふれた日常
◆前回ご紹介した詩人・丸山豊著の戦記エッセイ『月白の道』をテーマにした福岡市での読書会も無事終わり、鹿児島に戻りました。読書会のあとは博多区在住の娘夫婦宅に泊り、1週間遅れで初孫の初節句のお祝いを済ませました。といっても娘夫婦の招きで双方の親が集まり一緒に食事をしただけの、ささやかなお祝いでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/12 02:52
64歳のポジション
◆わたしの50歳のとき、末の子が大学進学を機に親元を離れた。上の子も大学進学のため東京に送り出していたから、2人いた娘の子育てはそれぞれ18歳までで終わってしまった。わたしが仕事を持っていた関係でゼロ歳児から保育園育ちのせいなのか、娘たちは何の未練も残さず親離れして飛び立った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/26 01:21
槐多忌
◆この時期に行ってみたい、行きたいと思っていてもなかなか行けない場所があります。それは遠い外国ではなく国内ですが、今年もまた実現しませんでした。それは長野県上田市にある美術館「信濃デッサン館」です。すぐ近くには分館の「無言館」があり、こちらは第二次世界大戦で戦死した画学生の遺作がたくさん展示されています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/19 00:02
気味の悪い話
◆ロシアのソチでは冬季オリンピックが開催されていて、連日そのニュースで賑わっています。オリンピックといえば4年に1度のアマチュアスポーツの祭典とかつては言われ、出場する選手たちに尊敬の念を抱いていました。その気持ちは同じでも、一部の競技でプロの参加が認められ、またドーピング問題が発覚したころから、以前より冷めた目でオリンピックを見ている自分がいます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/12 00:10
長生きと認知症
◆昨年9月、「敬老の日」に合わせて厚生労働省は100歳以上の人の数を発表しました。それによると統計を取り始めて初めて5万人を超えた前年より3,021人多い54,397人になる見通しで、このうち約88パーセントを女性が占めているという内容でした。100歳以上が1万人を超えたのが1998年で、その後も増え続けているのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/15 00:15
新年のごあいさつ
新年 あけましておめでとうございます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/01 20:23
◆顔は人間の体の部位の中で、一番目に付きやすいところです。だからある人を見た目で特定する場合には手足や後姿ではなく、顔で判断します。警察署の壁や駅の掲示板に指名手配の犯人の顔写真が貼ってありますが、あれを見るたび、この人だって無垢な赤ちゃん時代があったはずなのに、と思ってしまいます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/18 01:47
財布を拾った話
◆いままでに記憶する限り、自分の財布を落としたことはありませんが、人の財布を拾ったことが最近1年半の間に2回ありました。2度あることは3度あると申しますから、またどこぞで財布を拾うことがあるかもしれない、などとおかしなことを考えたりします。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/11 01:33
失敗
◆国語の辞書で「失敗」を引いてみると、「物事をやりそこなうこと。方法や目的を誤って良い結果が得られないこと。しくじること。」と書いてある。人間60年以上も生きていると、失敗の経験は数知れずある。成功した、うまくいったと実感したことより、失敗して落ち込んだり悲観したことのほうが多い気がする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/04 17:27
◆いま福岡市博多区にあるJR博多駅近くの娘夫婦宅に居候している。家から九州最大のJR駅である博多駅までバス停で2つ、歩いても8分ほどの徒歩圏内なので、駅構内にあるスーパーなどに数日に1度は食材の買出しに出かける。駅にはJR線だけでなく、福岡市営地下鉄の博多駅もあるので終日人の波が絶えない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/27 11:39
どこから来たの
◆娘に赤ちゃんが生まれて、つまりわたしにとっての初孫が生まれて、いま娘の家に産後の手伝いに来ている。33年ぶりに新生児を腕に抱いた感想は、こんなにも小さかったのかということだった。重さ約2.5キロ少々と小ぶりなのは予定日よりも11日早く生まれ出たからだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/20 04:08
滅びゆく背高泡立草
◆先日テレビで「にっぽん縦断 こころ旅」という番組を見ました。火野正平さんが視聴者の想い出の場所へ自転車で行ってくれる番組です。現在東北地方を岩手から宮城へと移動中ですが、その中の風景で見事なススキの原が映し出されました。付近のセイタカアワダチソウを圧倒しています。そういえばと、心当たりがありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/06 08:32
生まれいずる命
◆10月27日は亡き母の一周忌だった。もうあれから一年もたったのかと時の過ぎ行く速さを実感せずにはいられない。大正の終わりに「オギャー」と生まれてから87年間、一度たりともその動きをやめなかった呼吸が最後の最後になってだんだん弱まり、間遠になり、ロウソクの火が燃え尽きるように静かに命の灯が消えていったことが思い出される。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/30 00:52
遠来の友
◆7年前のある日、中国人女性から日本語のメールが届いた。もちろん未知の人である。四川省の某大学日本語学科に所属する大学院生で、修論で日本の女性作家・樋口一葉に取り組んでいるのだという。ネットで一葉関連のサイトを検索するうちわたしのホームページにたどり着き、いろいろ質問があるので勇気を出してメールしたと書いてあった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/23 00:22
標準語の力
◆引越しをするというのは、いろんな業種の方々のお世話になるということに今更ながら気が付いた。数カ月かけてインターネットで賃貸情報をチェックし、気に入った物件が見つかってそれを見に行くとき、まず不動産会社にお世話になる。私もかつて不動産の営業をしていた経験があるので、不動産会社の対応にはけっこう興味がある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/16 01:31
引越しをして考えた
◆6年ぶりに引越しをして思った。とにかくモノが多すぎる。その筆頭は本。単行本や全集本や絵画の本、博物館や美術館で買った図録類、新書本、文庫本。大・中・小といくつもある国語辞典、漢和辞典、歴史事典、ことわざ辞典、広辞苑、英語の辞書類等々、でかいものから豆本まで後生大事に持って回ったこれらに大ナタを振るって、半減することにした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/09 02:37
イグ・ノーベル賞
◆毎日のように悲惨な事件や事故をニュースで知ることになり、そのうえ異常気象や台風による風水害の被害が報じられ、さらには他国の内戦の泥沼状況までもが加わって、生き難い世の中だなあと思うことしきりです。だからこそ人々は楽しいことや笑いを求めて右往左往、仕事も遊びも忙しいのかもしれません。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/25 14:16
秋の休日
◆先週末から4日間の予定で福岡方面へ出かけた。3日目には柳川市の友人宅を訪ねて10年ぶりに会い、4日目には思い立って島原へと足を延ばし、遠回りして鹿児島に戻った。ちょうど台風18号が日本に近づき、とうとう上陸して、京都や名古屋の市街地が大雨のため冠水しているというニュースが流れていたときだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/18 00:43
お酒のはなし
◆お酒の話なんて、お酒を飲まない人にとっては全然面白くもないでしょう。「酒は飲んでも飲まれるな」とはよく聞く言葉です。大多数の国の大多数の人々にとって、お酒と人生は切っても切れない仲なのかもしれません。しかしそれは上手に付き合ってこそであって、お酒ゆえに人生を棒に振る人もまた多いのかもしれません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/11 00:17
やうつり
◆「やうつり」とは「家移り・屋移り」つまり住まいを変えることです。建築業を営んでいたわたしの実家では、よそ様の家を新築する仕事なので、工事を頼まれた方は当然「やうつり」が必要となります。大人たちがよく使っていたので、この言葉に幼いころから慣れ親しんできました。今風に言えば引越や転宅ということになります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/04 00:10
雲の名前
◆暑い暑いと汗をかきかき不満たらたら言っていたら、8月はもう今週限りになっている。学齢期の子どもとの生活はとっくの昔に終わったので、夏休みが始まるのも終わるのも、そんな季節かしらと他人ごとのように過ぎ去っていく。早朝のラジオ体操は相変わらずやっているようだし、夏祭りや盆踊り、花火大会など、夏休みを彩る行事はいまも昔もそう変わってはいないようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/08/28 00:57
「減蓄」の心がけ
◆ある経済紙の最終面文化欄に、毎日楽しみにしているエッセイが掲載される。有名人の場合もあるが、生涯かけて独特の趣味なり仕事を営営と続けている人が、その初めて知る面白い内容を書いてくれることもある。先日その欄にリンボウ先生こと、林望さんが登場された。この数年来「源氏物語」の現代語訳を続けてこられた作家である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/21 00:03
2013年8月18日「桜島」の爆発的噴火
2013年8月18日夕方5時前。。 買い物に出ようと外に出た途端、大量の火山灰がこちらに向かってくるのを発見。あわてて写真を撮りました。猛暑の晴天の空を真っ二つに分けるように、青空がみるみる灰色の火山灰に浸食されていきます。たぶん市の中心部の天文館あたりは空の黒さから想像すると、ザアザアと音を立てて灰が降っていることでしょう。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/19 09:32
星の大河
◆わたしがまだ小学校に上がる前、つまり昭和20年代の終りのころ、夜空にはとてつもなく大きな河があった。天空に白っぽく輝いているのは水ではなく、何千何億か数知れない星々であった。その大河は天の川とも呼ばれているが、半世紀以上前の田舎の夜空の光景は、いまも脳裏を離れることはない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/10 09:11
人間のしごと
◆生まれた時から同居していた祖母が亡くなったのは33年も前のことで、21年前にはともに病気療養中だった実父と義父が相次いで逝った。それは自分の30代、40代での出来事だったため、肉親を喪ってさえ死はどこか遠いものであった。それからずい分長い間、肉親の死というものから遠ざかっていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/03 03:05
ああ、桜島
◆鹿児島に住むようになって十数年。心配なことが1つある。それは桜島の爆発である。来た当初、鹿児島のランドマークでもある桜島の活動は、以前と比べておとなしいと土地の人は言った。10年前はこんなもんじゃなかった、と。時折火山灰らしきものは降るものの、洗濯物も布団も、当然のようにベランダに干していた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/15 00:44
白という色
◆どうかした拍子に、昨年秋に他界した実母のことを思い出す。母はきれい好きで、整理整頓が行き届いていた。読んだ後の新聞紙は、配達されたときのようにきっちり重なり、それが何日分であろうと、見事に四隅を合わせて重ねられていた。肉や魚などを買ったときに入れるごく薄い半透明袋も、しわを伸ばしてきちんと折りたたみ、大きさ別に空き箱にしまってある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/24 01:19
ゆずり葉
◆各地で例年より二週間も早く咲き始めた桜。鹿児島では開花後に気温の低い日が続いたせいか、満開状態が長く続き、先週末でもまだお花見には十分な量の桜が咲いていた。開花してから強い雨風もなかったせいか、葉っぱは出ていても花はさほど散っていないのである。長く楽しめたことしの桜だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/03 00:41
生きる
◆還暦から3年たつこの歳になっても、ときおりふと、生きるってなんだろう? と考えることがある。12年前にこのメルマガを創刊したとき、タイトルを「僕らはみんな生きている!」としたのは、人間も虫や動物や植物とともに、みんなこの地球上に「生きている」という日々の実感を、言葉に置き換えて表現したかったからである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/27 13:44
阿久根の休日
◆風は少し強くて冷たいものの(本日の最高気温18度)、すっきりと青空の広がったきょう、阿久根(あくね)市へ行ってきました。鹿児島市内から車で国道3号線をひたすら2時間近く走り、市街地に入る手前で「道の駅 阿久根」に寄り、一休み。その建物のすぐ西側には東シナ海が広がっています。左右に伸びる水平線、空も海も濃い群青色に輝き、茫洋と広がっています。(写真はクリックで拡大します) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/21 23:23
◆ 「ファーストポジション」というバレエの映画を観ての帰りだった。市電と並行して走るバスの窓越しに、やや西向きの方角から強い陽光が差し込んでくる。眩しさに思わず目を東側にそらした。バスはちょうど鹿児島市の中心部を流れる甲突(こうつき)川にさしかかっていて、川岸の桜の花がいきなり目に飛び込んできた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/20 01:41
留学生たち
◆国立大学に20年勤め、そのうち15年間は農学部のとある研究室にいたので、留学生と接する機会が多かった。その職場にワープロ専用機が登場したのは約30年前で、当時の学生は卒業論文や学位論文を原稿用紙に手書きするのが普通だった。あるとき頼まれて、留学生の日本語の論文を原稿用紙約100枚に清書したこともある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/13 02:55
ひつじ100匹
◆「特技は?」と聞かれたら、「いつでもどこでも、ぱっと眠れること」と答えるほど眠りにつくのが早かったのです。旅先のホテルでも旅館でも、枕が変わっても、別にかまいません。ひとたび布団に横になれば、ものの1、2分で眠り姫…じゃなく王子様に手を引かれ、深い深い眠りの谷に誘われるのです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/06 01:46
死に顔は美しく
◆この10年あまり、片手はゆうに超えるほどのお葬式に出かけた。自分の親の世代や叔父・叔母、まだ50代になったばかりのいとこのお葬式もあった。式の最後のほうで、必ずと言っていいほど死に顔を見て、棺の中を生花で埋め尽くして最後のお別れをする場面がある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/20 01:26
花だより  〜緋寒桜〜
◆わが家から歩いて10分足らずで、鹿児島大学に行くことができます。その大学本部前と農学部本館の間を通る道路わきに、緋寒桜の並木があります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/06 11:08
恩師に会いにゆく
◆先週末、亡き母の百日法要のため、実家のある久留米市に行って来た。その直前、たまたま電話のあった福岡の知人たちに帰省の予定を知らせると、せっかくだから「会いましょう」と提案があり、法事の日の夜と翌日、それぞれ知人たちと会う話がとんとん拍子に決まった。懐かしい人との邂逅は、いつだって嬉しいものである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/06 01:04
梅に鶯、のはずが・・・?
きょうは日差しが柔らかな南国鹿児島です。 自宅近くにある税務署の歩道側には、1週間ほど前から梅の花がぽつぽつ、ほころび始めていました。 きょうまたそばを通るとき、ずいぶん咲いたんだなあと梅の木を見ると、なんと、鶯が遊びに来ていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/24 15:42
必要なのは教育と教養?
◆先ごろある会合に出て、面白い話を聞くことが出来た。私より少し若いと思われる女性が、上司からこう言われたそうだ。「○○さん、これからの60代、70代に必要なのはキョウイクとキョウヨウですよ」と。それを聞いた彼女は<このトシになって教育と教養が必要だって言われてもねえ。何を今さら>と思ったそうだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/23 00:16
明けましておめでとうございます
◆明けましておめでとうございます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/06 13:18
父の証し
◆来る11月23日は、五千円札の顔にもなっている明治の作家、樋口一葉さんの命日です。東京都台東区立一葉記念館では毎年命日を中心にイベントが行われます。今年は特に、樋口一葉生誕140年記念の「一葉祭」が11月21日から23日まで開催されます。今年こそと思っていましたが、喪中ゆえ諦めました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/21 00:49
母の旅立ち
◆鹿児島から新幹線とタクシーを乗り継いで、久留米市の母の病室に着いたのはその日のちょうど正午だった。久留米市在住の兄と兄嫁と娘2人は朝から病室に詰めていて、私に続いて、私の娘夫婦、そして妹が揃うと、主治医から母の病状についての説明があった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/07 00:08
究極のシンプルライフ
◆お盆過ぎの母の入院から約2カ月。新しい施設を捜して何度も鹿児島と久留米を往復した甲斐あって、無事、先日某介護老人保健施設に入所できた。入院先の病院を退院して、迎えの車に乗せられて母は施設へ直行したが、約2年間いたケアハウスと違うのは個室ではないことだった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/17 01:15
高速バスでのんびりと
この夏の猛暑が老身にこたえたのか、久留米市在住の実母がお盆過ぎにとうとう入院して1ヵ月半が経った。初夏のころから食欲が無くなり、水をあまり飲まない日頃の習慣も災いして、脱水症状になったらしい。入院して食欲も戻って来たが、この間に顔がげっそり痩せて別人のような風貌になった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/03 00:55
ある夏の思い出
◆ことしの夏も暑かった。そのせいかどうか、実母の入所しているケアハウスから「食欲が無くなり、ほとんど食べておられませんよ」と連絡があったのは7月中旬のことだった。さっそく久留米市内の施設に母を訪ねると、7月初めごろから三度の食事をまともに食べてないと本人がいう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/05 01:58
桜島の降灰
◆鹿児島名物の桜島の降灰をご紹介します。爆発的噴火が起きると、大量の火山灰が火口からモクモクと高く吐き出され、風に乗って移動します。風下にあたる地域は灰が降るあいだも降った後も、戸外にいたら灰が目に入るとチクチク痛いし、口を閉じてても、なぜか口の中はジャリジャリ。灰と呼ばれていますが、実は砂状のものです。冬は北風で大隅半島の鹿屋市方面へ流れ、夏場は鹿児島市方面へ灰がやってきます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/27 10:15
聴く・見る・楽しむ夏
◆三度の飯より音楽が好きとはいえ、何かの楽器を上手に演奏できるわけではなく、これといって得意な運動種目もないわたしは、どちらももっぱら聴いたり見たりする側にいます。自ら演奏したり運動する喜びが一番だとは思いますが、聴く・見る行為も楽しいものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/08 16:42
選手の時間
先週末から始まったロンドンオリンピックがまさにたけなわ。オリンピックという言葉を知ったのは、父に連れられて行った映画館だった。ニュース映像でローマオリンピックの閉会式の様子が出て、その最後に「TOKYO」と書かれた旗が手渡される場面があった。父が、今度のオリンピックは日本の東京であるんだよ、と教えてくれた。小学5年生、1960年のことである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/08/01 02:05
心のありか
◆こころという言葉は、人間のからだに対して、そのからだの中に宿るものと考えられている。直接に心臓を意味することもあるけれど、知・情・意の働きの主体となるもの、また精神、感情、意識、意向を表わすなど、広い意味を持っている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/04 01:14
老いを見つめる
◆わたしには二人のばあやがいる。満年齢で実母87歳、義母85歳になる。わたしは三人姉妹の長女であり、長男の嫁である。ということで月に1回、鹿児島市から久留米市の実母のところへ会いに行き、鹿児島市に一人住まいの義母宅には、週に1回か2回、様子見方々お惣菜を持っておしゃべりに行く。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/27 00:33
なぜか怖い春分の日
◆春分の日といえば楽しいはずの祝日なのに、なぜかわたしの場合鬼門と言いたいぐらいに、過去何度も災難に遭遇した日なのである。それで昨日の春分の日は外出の用事があったので気をつけて過ごしたが、特に何事もなく過ぎたのでほっとしている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/21 01:46
なつかしく候
◆先日、NHKテレビのETV特集「花を奉る 石牟礼道子の世界」をみた。石牟礼道子さんといえば、彼女の住む熊本県と隣接する福岡県南部に住んでいた私にとって、青春時代と分かちがたく結びついている人なので懐かしい思いもあって、思わずチャンネルを合わせた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/29 00:56
火の記憶
いまではめったに見られなくなったものに、めらめらと燃える火がある。かつてはどこの家でも、竈(かまど)や七輪(しちりん)で煮炊きをしていた。建築業をしていたわが家には常時カンナ屑や木端があったが、それは竈で使うことななかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/22 02:00
生きてゆく覚悟
◆わが家の近くに税務署があります。前身は鹿児島地方気象台だったそうで、建物の外見にその名残りが見られます。もう1つの名残りは桜の「基準木」で、この木に花が咲くと、桜の開花宣言が発表されていたのです。気象台が移転して現役引退ですが、いまも時が来れば花を咲かせてくれます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/15 10:03
二人のばあや
◆わたしには二人のばあやがいる。一人はもうすぐ87歳になる実母、一人は85歳になったばかりの義母さん。男性の視点からの呼称と思われる老女とか老婆という言い方には抵抗を感じるので、人に話すときは「ばあやさん」と言っている。二人とも20年前に伴侶を亡くして以来、一人暮らしをしてきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/01 09:50
憧れのムーンボウ
◆昨年の日本にはたくさんの不幸が生じた分、ことしこそは良いこと楽しいことがたくさんありますようにと、三が日にはお天道様や神仏や自分の信じるものに、心からの祈りを捧げた人が多かったことでしょう。私もまた思うことの多い元日でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/18 09:43
4つの窓 
◆以前ある人から、人間の心には「4つの窓」があると聞いたことがあります。それは「明るい窓」「盲目の窓」「隠された窓」「暗い窓」で、人間の心を4つの窓に表現しているのです。これを考案した2人の名前から「ジョハリの窓」と呼ばれていて、心理カウンセリング等に応用されているようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/14 00:07
いびき合戦
広辞苑で「いびき」を引いてみた。【睡眠中に呼吸をともなって鼻・口から出る雑音。】とある。それだけの説明なのでインターネットのフリー百科事典「ウィキペディア」を見ると、【いびき(鼾)は、狭くなった上気道が呼吸時に擦れて出す音。睡眠時や脳梗塞で失神した時などに発生する事がある。】と説明。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/30 00:24
世界に1つの私
子どもの頃、どんなに考えても分からないことがたくさんあった。なぜ私はこの家の子どもで、どうしてこの人がお父さんで、この人がお母さんなのか。中学生になるとさらに、どうして私は私なのだろう。街を歩けば、なぜ私はあの人ではなく、パチンコ屋から出てきたばかりのあのおじさんは、なぜ私ではないのだろう? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/09 00:56
いいこと先取り
◆ことしの日本列島は自然災害が多いように思う。東日本大震災はもちろん未曾有と呼べるほどの大災害をもたらした。それに伴う原発事故は人災だったが、これはチェルノブイリを上回る事態を招き、いまだ被災者・被災地に二重三重の苦しみを与え続けている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/28 00:12
グーグルアースで宇宙旅行
◆インターネットでダウンロードできる「グーグルアース」というソフトがある。グーグル社が無料で配布しているソフトで、人工衛星や飛行機から撮影した地上の様子を細部まで見ることができる。ソフトを立ち上げると、最初に画面の真ん中に青い地球がドーンと現われるから、宇宙船から地球を眺めている気分を味わえる。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/14 01:42
いま私にできること
◆東北大震災が発生してはや5ヵ月あまり。当時、あの被災地の根こそぎ家屋の流された街の跡に、真白い雪が降り積もっていた。電気も水もガスも無い中、体育館などに毛布にくるまり肩寄せ合って過ごされていた被災者の方々。さらに追い打ちをかけた東京電力福島第一原子力発電所の事故。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/24 00:33
ユートピアのあと始末
◆昨日は、自分の代理で島原に行ってほしいという母の頼みで、鹿児島から島原へ行き、用事を済ませてとんぼ返り。余裕で日帰りが可能になったが、これは九州新幹線全線開通のおかげである。なにしろ鹿児島・熊本間が最短45分、博多(福岡市)まで最速の「みずほ」だと1時間19分で行ける。九州が感覚的に狭くなった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/06 02:33
うつる
◆アクビをする人を見ると、なぜだか自分もアクビをしたくなる。アクビはうつるものらしい。クシャミはどうだろう。クシャミをした人が2度3度と立て続けにクシャミをしても、近くの人がつられてクシャミするのを見たことはない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/11 01:15
突然の別れ
◆かねて体調のすぐれない義母が気になるので、折りにふれて電話をしたり、一人暮らしのマンションを訪ねて一緒に食事をしながらおしゃべりをする。先月中旬に電話したとき、同じマンションに住む茶飲み友だちが急に亡くなった、と義母は元気がなかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/04 13:56
花繚乱
◆自宅から徒歩4分の距離にある郵便局に向っていた。エントランスを出ると、コンビニがすぐに見える。その前の歩道を歩くと間もなく左に児童公園、車道を挟んだ右手には小学校がある。公園や校庭の桜の花はほぼ散って、葉桜になっていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/20 01:29
あゝ小名浜
◆東日本大震災から1ヵ月余り。福島原発事故はまだ最悪の状態を抜け出ていないが、それ以外では着々と復興に向けての歩みが進んでいると報道で伝えられている。本州の一番南端の地に住む我が身としては、ささやかな義援金を差し出すことぐらいしかできない、もどかしい毎日が続く。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/13 00:48
未曾有の災害
◆2011年3月11日金曜日。その前日はあの第2次世界大戦末期の東京大空襲から66年目の日だった。すっかり忘れていたわけではないけれど、前回のエッセイではこのメールマガジンの10周年、つまり自分のことばかりを優先して書いたことをちょっぴり悔いながら、朝9時前に家を出た。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/16 03:07
ふたり暮らし
◆子育ては生まれる前から始まる。母親になる女性にとって、妊娠がわかったときから悪阻(つわり)を経て出産までの約9ヵ月間。自分の体の中にもう1つの命を育てているという現実と、否応なしに向き合うことになる。無事に生まれてくれるだろうかと、喜びと同様の不安を抱きながら。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/02 00:13
問題解決
◆官公庁の事務職を約20年勤めた後の転職が営業職だったことは、前回書いた。これはその続きのお話。営業職にはノルマが付きまとうイメージがあり、自分には向いていないと思い込んでいた。しかし採用試験には適性検査もあり、それも含めてパスしたんだからどうにかなるさ、と喜んで入社した。同期入社は20代後半から40歳までの女性5人。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/23 02:25
3度目のはたち
◆60歳を過ぎたのに、60年という歳月を生きてきたという実感があまり湧かないので、20年ごとに区切って考えてみた。最初のはたちまでは、義務教育や高等教育を受けるため、学校へ通うのが日課の毎日。教養や社会性を身につけ、人として生きる力を身につける基礎固めの学業期だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/16 02:17
80翁の話
◆まだ子どものころ、「人生50年」と大人たちがよく言っていた。戦後十数年しかたっていなかったころの話だ。実際、日本には戦前まで徴兵制や兵役義務があり、日本は日清・日露・第一次世界大戦・第二次世界大戦と19世紀末から20世紀前半にいたるまで戦争ばかりしていた。若者は徴兵され、戦場へ送られるから多くの死者が出る。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/09 01:34
初恋の去った道
◆初めて異性に目覚めたのは小学2年生のときだった。相手は同じ学級のS君で、家が割と近く、いわば幼馴染といえる。お母さんが小さな本屋さんをしておられて、わたしは「小学○年生」という雑誌を買いに毎月1回、堂々とS君の家に行けるのが何より嬉しかった。その時会えたわけではないけれど。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/26 02:34
言葉を栄養に
◆ある書類を探していたら、6年ほど前に使っていたノートが出て来た。それは「ドキュメント」と題したノートで、その日に感じたこと、考えたこと、観察したもの、誰かと話した内容等々、将来役立ちそうな事項を書きためた玉手箱のようなものだ。(現在も別のノートで継続中) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/22 08:48
時は金なり
◆ 「時は金なり」の意味を広辞苑で調べると、「(Time is money.)時間は貴重・有効なものだから、むだに費やしてはいけない。」と書いてある。また手持ちの「ことわざ故事小事典」には、「時間は貴重で、金銭と同じような価値がある」とあった。つまり時間もお金も浪費してはいけない、という教えだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/12/08 10:15
◆「父」と書いてその字をじっと見ていたら、困ったような顔に見えてきた。ものごごろついたころから父親を「とうちゃん」と呼んでいたが、中学生になったころ周囲を気にして「お父さん」と呼ぶようにした。それからずっと「お父さん」と呼んできた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/01 00:24
11月のメモリアル
◆11月は、いろいろな思い出のつまった月だ。11月の日本の記念日といえば、「いいふうふ」の語呂に合わせて制定された、11月22日の「いい夫婦の日」が有名。この記念日は提唱されてまだ日が浅く、10年と少しの歴史しかないが、良い記念日なので長く続いていくと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/11/17 00:42
「思ひ出」段ボール
◆ことし3月21日、外出先でふらついて(意識が遠のいたと本人の弁)倒れた85歳の母。大腿骨骨折で救急車で運ばれ、入院、手術、転院と続き、リハビリの甲斐あって退院目前になって、今度は軽い脳梗塞を患い、再び3ヵ月余りのリハビリを終えて、やっと先週めでたく退院した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/10/27 01:17
柿の木
◆私の生れ育った福岡県南部は、日本三大急流のひとつである筑後川の流域をなす沖積平野で、久留米市を中心に広がっている。昔も今も米や麦の生産が盛んで、筑後川から灌漑用水を引くためのクリーク(用水路)や割り掘りが平野全体に発達している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/20 02:36
いのち短し
◆先日作家井上ひさしさんの本を読んでいて、びっくりした。それは作文教室の内容をまとめた文庫本で、その最後の方に「わたしも書く時間が残り少なくなってきました。あと十年も書ければと考えたり、できたら、十三年、あと十四年は、と考えたりしますが、十五年は持たないと思っています。」と書いてあったからだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/22 03:17
一間きりのシンプルライフ
◆現在リハビリ入院中の母は、父亡きあとのひとり暮らしをかれこれ20年近く続けてきた。ことし3月、外出先の福岡市で大腿骨を骨折して手術をし、翌月、自宅近くに転院した。順調に回復して間もなく退院という段になって、軽い脳梗塞を患い、また病棟に逆戻り。リハビリ生活に入った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/15 00:25
福耳
◆亡くなってから何年が経とうと、父が私の中に生きていると思うことがある。父の祖父は宮大工で、父の父も大工の棟梁だったから、長男の父も当然のように大工になり、棟梁になった。私はその父の3人娘の長女として一番長く父のもとにいて、父の言葉を最も多く聞いて育った。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/30 02:38
30年後
◆一昨年秋に浴室で尻もちついた母。腰かけようと引いた椅子が間に合わず、腰が先に落ちた。そう説明したが、いま考えれば中腰の姿勢を保つだけの筋力が無かったのだろう。それが原因の圧迫骨折で、昨年1月から3ヵ月間の入院となった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/23 00:23
生きているわたし 
◆2冊目の本を出版したことで先日、高校時代の文芸部の同級生など数人が集まって、お祝いの会を開いてくれた。私は人の出版記念パーティーには喜んで行くけれど、自分にはそういうことをする意思が全然ないので、親友がごく内輪の少人数ならいいでしょうと、設定してくれたのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/02 01:28
TO DO LIST
◆先月のNHKテレビで、シンガーソングライターのアンジェラ・アキさんの今日に至るまでの道のりを放送していた。たまたまその番組を見た私は、歌手になると決心して実際にデビューするまでの、その半端ではない道のりの厳しさを知ることができた。それは成功例とはいえ、この先のことは誰にも分からない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/26 01:37
東京という非日常
◆ここ10年近く、毎年4月末から5月にかけての連休の数日間を東京で過ごしている。今年もまた2ヵ月以上前から飛行機のチケットを予約した。早く予約するほど安い航空券が取れるが、変更は一切きかない切符なので、何事も起きませんようにと、帰るまで毎度祈る気持ちで過ごしている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/05 02:34
Wさんの嘆き
◆何か良い話題はないかなあと思っていたら、先日、読売新聞社と英BBC放送が共同実施した、33か国対象の世論調査の結果が出ていた。それによると「日本は世界に良い影響を与えている」という評価は53%で、「悪い影響を与えている」の21%を上回った、というものだった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/28 00:59
義 理
◆私の母は変わった人で、自分の娘たちに小さいころから妙なことを吹き込んで育てた。なるべく早く家を出てくれ、なるべく遠くに住んで、結婚しても子どもやダンナを連れて、ぞろぞろと里帰りしないでくれ、実家を頼るなと。そういう母は一人娘で、実家と嫁ぎ先は地続きの隣家なので、いつでも親の顔が見られたというのに。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/14 00:43
マイ・デジタルカメラ
◆新しいモノを好きな人がいる。だれよりも早く新製品を買い求める人だ。私はその逆で、コマーシャルに出てくるような新製品は、すぐには買わない。新製品は数年のうちに性能が良くなり、小型化が進み(逆に大型になるものもあるが)、価格もだいたい下がってくる。私はそれまで待つことが多い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/17 09:01
科学不信の碑
◆鹿児島のランドマークといえば、何はさておき桜島。1日に七変化するといわれるほど、太陽光線の具合で色彩豊かな表情を見せる麗しい山容だ。その桜島は、1914年(大正3)1月12日に起きた大爆発とそれに続く約1ヵ月の断続的な爆発で溶岩が流れ出し、島の東部の大隅半島と陸続きになった。それまで桜島と大隅半島は、最大距離400メートル、深さ100メートルの海峡で隔てられた、文字通りの島だった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/17 00:41
楽は苦の種?
◆私が社会人になって間もないころだから、もう35年以上も前のことになる。当時定年間近の上司から、こんなことを聞かれた。「あなたは苦労ということをどう思いますか。したほうがいいのか、悪いのか、ぼくはこのトシになってもまだ言い切れないんですよ」と。そのときまだ20代半ばの私は、世間でいう苦労の真っ最中だったが、どう返事したのか覚えていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/27 09:15
一日の記
◆「男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり」という有名な出だしで「土佐日記」を書き始めたのは、紀貫之だった。10世紀前半の当時は男性は漢文で書き、女性は和文で、というのがあたり前の時代。貫之さんはきっと和文の美しさに惚れこんで、女性のつもりで土佐に赴任中の2ヵ月間の出来事を、和文で書いてみたのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/20 01:38
お正月あちこち 
◆娘たちが親元を離れ夫婦だけの生活になって11年目になり、わが家のお正月もすっかり様変わりした。独立心旺盛に育ったのは良いとして、2人の娘はお盆にもお正月にもなかなか帰省しない。福岡市で生まれ育った彼女たちにとって、鹿児島は親が住んでいる場所というだけで、友だちが一人もいない知らない土地。東京や福岡からわざわざ帰ろうという気にはならないらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/13 01:18
ことばの贈りもの
◆年末にかけて集まりに出かけたり人と会ったりしたので、いろんな良い話をきくことができた。テレビで有名人の話をきいたり、その道の専門家の講演をきくのもよし。近所のおじさんおばさんの話も捨てがたく、初対面の人でも心が通じ合えば、思いがけない話をきけるものだ。人生は長いようで短い。だからわたしは良い話をきいたと思ったらすぐさまメモを取り、さらにノートに清書する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/06 09:15
一葉とインターネットのご縁
◆10年前のちょうどいまごろ、私は自分のホームページ作りに熱中していた。夫の転勤で福岡から鹿児島市への転居を余儀なくされ、やむなく仕事を辞め、おまけに末娘も大学生となって親元を離れたので、夫と二人暮らしの身。本来のカップルに戻ったのはいいとして、勤めもなく子どももいない生活は朝から緊張感がなくて、だらけてしまうのが怖かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/09 00:16
ナオさん
◆地球上の人類が何十億人になろうとも、人の一生の間に信頼のおける友人と呼べる人に出会い、長く友人である続ける人は、限られたごく少人数ではないだろうか。ましてそれが10年20年ではなく数十年以上も続く人というのは、結婚相手は別として、同性でもそんなに多くはないと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/02 08:54
過去のエッセイより ベスト10
  ◆今週は旅行中のため、更新ができません。       そこでブログに保管中の約200篇のなかから、アクセス数の多い、   上位10篇をご紹介します。    ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/27 06:00
ケ・セラ・セラ
◆鹿児島に住むようになった10年ほど前のこと。それまでフルタイムの仕事を持っていたわたしは、平日の昼間にデパートに行くことなど、ほとんどない生活だった。ところが専業主婦になって、マーケット・リサーチと称して朝から買物に行くようになった。デパートの開店時間に合わせてバスに乗ると、乗客の7割ぐらいは元気な年寄りで占められている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/04 00:11
1つのコミットメント
◆60歳になって自分自身に誓ったことの1つに、「短編小説を書く」ということがある。最初に小説らしきものを書いたのは10代のおわりころで、その当時は詩も書いていた。20代からはノンフィクションにより関心が向き、評伝的な作品を主に書いて、同人誌などに発表した。40歳になるころ無性に小説が書きたくなり、創作の勉強をした。でも勉強したからすぐ書けるというものでもない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/30 08:26
アジアンな休日
◆秋の連休の数日間を福岡市で過ごした。その数日には私の誕生日も含まれるので、数ヵ月前からいつもとは違うプランを立ててみた。現在福岡市では、第20回目となる「福岡アジアマンス2009」が開催されている。盛りだくさんの魅力的なプログラムなのに、福岡にいた10年前までは、仕事と子育てで思うように時間が取れず、なかなか足を運ぶチャンスがなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/23 00:37
60代に、こんにちは 
◆国民の祝日に関する法改正(ハッピーマンデー制度)により、2003年から敬老の日が9月第3月曜日に定められ、今年は21日に当たる。23日は秋分の日なので、祝日に挟まれる22日の火曜日は「国民の休日」となり、秋の大型連休が誕生した。5月のゴールデン・ウィークに対し、秋の連休はシルバー・ウィークとか。ただし現行制度では、次の9月の大型連休は2015年になるらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/09/16 09:31
さびた記憶
◆もう9月だというのに、日中は34度前後の猛暑が続く南国の秋。鹿児島に住んで10年の今年の夏は、桜島の降灰が一番ひどかった。8月のあいだじゅう、窓を開けて風を入れることも、洗濯物をベランダに干すこともできなかった。屋根、道路、街路樹の葉っぱ、ベランダ、物干し竿、自転車、車、あらゆる屋外のものにまんべんなく降り積もる火山灰。風向きの関係で夏の鹿児島市は、桜島の爆発噴火のたびに風に乗って運ばれる火山灰の直撃を受ける。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/09 08:58
天ぷらと外食
◆とある高校の元校長先生の講演を聴いたことがある。途中、本題をそれてこんな雑談があった。その元校長先生の奥さんは専業主婦だったそうだ。先生が定年退職すると、その奥さんは「私も退職」と言って、土曜と日曜日の夕食を作らなくなったそうだ。その奥さんの気持も主婦の私はわかる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/29 00:08
見えない世界
◆お気に入りの品、こだわりの道具やモノたちに囲まれ暮らしている私たちは、それが全てだとは言わないにしても、かなりの部分見た目を重視していると思う。まして目が見えることは、見えない人よりずいぶんいいと思いがちだ。私もそう思っていた。ところがあるとき、本当にそうだろうかと思うことに直面した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/22 02:17
うなぎ
◆鹿児島に住むようになって、やがて10年になろうとしている。鹿児島産といえば芋焼酎はつとに知られているが、意外だったのは鰻(うなぎ)の生産量。ちなみに農水省が公表した2008年の「内水面養殖業のうなぎ生産量」によれば、鹿児島県の鰻生産量は全国一だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/01 00:09
ケイタイ・ラプソディー
◆題でいうケイタイとは、携帯電話。ラプソディーは「狂詩曲」とも呼ばれる。その携帯電話が一般に普及しだして20年近いが、電話以外の機能も日進月歩の勢いで進化し、デジタルカメラの機能、電子メール送受信はもちろん現在位置を示すGPS機能、さらにはインターネットやワンセグ(携帯電話向け地上デジタル放送)まで利用できる端末機能を持っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/10 01:04
ああ、母の日
◆つい先日、5月の第2日曜日は「母の日」だった。「母の日」はインターネットのフリー百科事典『ウィキベディア』を見ると、いまや世界各国で定められているようだ。その起源の一般的な説はアメリカに始まるが、それは南北戦争後の1870年、女性参政権運動家J・U・ハウが、もう夫や子どもを戦場に送るのを拒否しようと立ち上がり、「母の日宣言」をしたことに始まるという。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/13 01:22
お〜い、老い
◆私が初めてアメリカの男性デュオ、サイモン&ガーファンクルの歌を聴いたのは、学生になってまもない頃だったと思う。ダスティー・ホフマン主演映画『卒業』を観に行き、その中で流れる「サウンド・オブ・サイレンス」や「ミセス・ロビンソン」を聴いたとき、身震いした。私はたちまちサイモン&ガーファンクルの歌声に魅せられ、すぐ『卒業』のオリジナル・サウンドトラック盤を買った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/25 01:41
みんな燃えてしまった
◆自宅から2時間かけての通勤は疲れるという口実で、就職して3年目に念願かなって、私は福岡市でひとり暮らしを始めた。安月給だったので、ひとり暮らしのおばあさんの家に間借りをした。別料金で朝食と夕食を作ってくれるので、食事どきは私だけではなく、ほかに大学生などが数人、朝と夕方に通いで食べに来ていた。貸し間と賄いで、おばあさんは生計を立てていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/11 01:43
沈んだり、浮かんだり
◆連日てんこ盛りのニュースで、目まぐるしく過ぎた一週間だった。財務大臣の酩酊?記者会見映像を繰り返し見た、というより見せられて受けた私のダメージは、決して小さくはなかった。一方、折しも来日したクリントン米国務長官の、発音も内容も日本人に分かりやすい英語のスピーチを聞いたとき、比べてもせんないけれど、国の指導者としての資質の差を見せつけられる思いがしたものだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/25 08:14
春財布
◆昨年から黒い長財布を使っています。デザインと使い勝手と丈夫な作りが気に入り買った財布。たくさんモノが入るので、お金以外のモノまでどんどん呑み込んで、分厚くなるばかり。お金もお札より小銭が多いので、とにかくずっしり重いんです。おまけに真っ黒なのがいけなかった。バッグに入れると見つけにくく、いざ取りだすのに時間がかかります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/18 00:31
ジェフ
◆その人は鹿児島市から少し離れた過疎の山里で暮らしている。私がその人のことを知ったのは、私自身が鹿児島市に転居して間もなくのころだから、もう8年ほど前のことになる。彼の名は地元の新聞で時おり見かける。味のある美しい日本語で田舎暮らしの日常をつづっているので、いつも感心しながら私はその文章を読んでいる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/11 01:56
も ち
◆はや1月も下旬に入ろうかというころ、わが配偶者が「今年はまだお雑煮を食べてない」とのたもうた。確かに今年のお正月は旅先で過ごしたし、元旦の朝だけは娘宅におしかけて、頼んでおいた宅配のお節をいただいたものの、お雑煮を作ることはしなかった。でも今さら言われてもねぇと思いつつ、スーパーに行ってもちを探すと、ちゃんと売っていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/04 01:21
ふるさとの小道
◆昨年末、「歩けなくなった」という実母からの呼び出しがあって、6日ほど実家に滞在した。トイレに行くだけが仕事になった母の、3度の食事の世話と掃除洗濯や話し相手の合間に、私が小学校時代に通った道とその周辺を歩いてみた。たまに帰省しても、これまで一度も足を運ばなかったふるさとの小道。すっかり様子が変わっていると母に聞き、思い立ってあちこち歩きまわってみた。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/14 00:47
お酒と酔っぱらい
◆私はお酒は嫌いではありません。私のいま住んでいる鹿児島では、お酒といえば焼酎のことです。私の生まれた福岡ではお酒と言えば清酒でした。二十歳になってお酒をたしなむようになりましたが、ビールが割とすいすい飲めて、量もいけることを発見しました。清酒やワインは付き合い程度です。やがてウィスキーやバーボンの味を覚えると、なんて美味しいお酒だろうと、たちまち惚れこんで大好きになりました。就職するとお酒の席の多さに驚き、お酒がコミュニケーションの手段となっていることを知りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/26 01:04
50マイルよりゼロ・マイル
◆1マイルの長さは約1.6キロメートルだから、50マイルは約80キロメートル。何の数字かといえば、不倫の相手を選ぶには自分の生活地点から50マイル以上離れた人を相手にしなさい、ということらしい。これはある雑誌の新刊本案内に載っていた話。それは既婚者のために書かれた不倫の「指南書」で、人はなぜ不倫するのかを真面目に考察しているらしい。ただしアメリカの本で、日本語訳はまだないようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/05 00:08
蝶とトンボの話
◆もう最近の巷では、テレビも新聞もあまり見たくないと思うニュースのオンパレード。洪水のような情報の、そのまたあぶくがのど元まで迫ってきて、息苦しいやら気分が悪くなるやら。別に知りたいと思わない情報まで無理やり目や耳に押し込まれる。そんな世事に毒され一喜一憂するなんてまっぴらご免。本を読んだり好きな音楽を聞いたりで、自己防衛するしかない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/29 00:12
記憶の不思議
◆最近テレビで黒澤明監督作品の映画が連続して放映されているが、つい先日「天国と地獄」を夫と一緒に観た。ずっと以前にもテレビで最初から最後まで観ているはずなのに、はっきり記憶に残っているのは、ゴミ焼却場の高い煙突から吐き出される煙が、白黒映画なのにそこだけ赤く染まる印象的な場面だけ。その前後のストーリーも展開もほとんど覚えていないのには我ながら驚いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/22 02:18
おくつき考
◆秋分の日は人出も多かろうということで、前日の22日に義母と二人でお墓参りをした。鹿児島に住むようになって、通りすがりに道端のお墓や墓地を目にしたとき、どのお墓にも生花がたくさん飾られているのを発見した。お墓参りなんてお盆に帰省したとき行くぐらいの私にとって、花を競うようなその光景はちょっとした驚きだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/24 07:21
ものの言い方
◆「運命」という言葉を広辞苑で引くと、【人間の意志にかかわりなく、身の上にめぐって来る吉凶禍福。それをもたらす人間の力を超えた作用。人生は天の命(めい)によって支配されているという思想に基づく。めぐりあわせ。転じて、将来のなりゆき。】とある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/09/10 09:34
ふるさとの山
◆現在鹿児島市に住んでいる私は、用あって2カ月に1回ぐらい福岡市へ足を運ぶ。鹿児島=福岡間は飛行機も飛んでいるし、高速バスを使う方法もあるが、私はJR線を利用することが多い。九州には鹿児島本線という九州の西側を南北に縦貫する幹線があって、門司港〜熊本〜鹿児島間を走っている。私はそのうちの鹿児島中央駅=博多駅間を、よく利用する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/03 10:07
月の虹
◆夕立の多い夏には虹を見る機会が多いが、私は虹をよく見る。偶然に見ることもあるが、雨上がりのあとすかさず太陽に背を向けて立ち、虹の出現を待つ。必ず現われるとは限らないけど、こういう雨のあとは虹が出やすいと、勘(かん)が働くようになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/30 00:22
日比谷界隈を歩く
◆海の日までの3連休を東京で過ごした。3ヵ月ぶりの東京だ。普段はあまり人ごみのない、静かな暮らしをしている地方から東京へ行くと、地面の穴や建物の陰からクモの子のように湧いてくる人の多さが面白い。喧騒、陽光を照り返すコンクリートジャングル、地上にも地下にも張りめぐらされた鉄路、そこを疾走する電車、目まぐるしく鼓動している東京。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/23 02:30
こんなふうに映画を観てきた
◆小学1年生の夏休みだったと思う。当時のわが家は祖父母、父母、兄、私を頭に三姉妹、そして父の妹、つまり叔母と9人家族で住んでいた。まだ独身で家から1時間かけて福岡市まで通勤していた叔母さんが、ある日、福岡市で子供向けのとても楽しい映画をやっているから、ぜひ見せたいと、私を映画館につれて行ってくれた。半世紀以上も前のことになるが、そのとき味わったわくわく感は、私を映画好きにした原点になった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/09 02:12
アメリカのくらし
◆22年前に日本でのくらしを全部たたんで、アメリカ合衆国に移住した私の妹一家。移住当時7歳、4歳、1歳だった妹の子供たちも、すっかり成長してそれぞれの道を歩んでいるようだ。その妹夫婦が3年ぶりに実家に里帰りした。83歳の母が早く会いたいと電話で訴えたらしく、2年先に里帰りする予定を早めての来日という。3週間の滞在のうちの数日を、鹿児島のわが家にも来てもらった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/25 08:49
北欧旅行から1年
◆ちょうど1年前のきょうは、家族4人で1週間の北欧旅行に出発した日だった。あれからもう1年たったのかと思うと、感慨深いものがある。北欧の旅は成田からの直行便を利用したので、約12時間でコペンハーゲン着。割と楽な空の旅だった。15年ぶりに2度目となる家族旅行は、前回まだ10代の少女だった娘たちも社会人となってそれぞれ独立。親の私たちはいつの間にやら50代も後半となり、頭髪には年相応の白いものが混じっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/18 03:26
プチひとり暮らし
◆日曜日午前。同じ市内にひとり暮らしの義母にご機嫌伺いの電話をかけると、1週間前から目まいがひどくて、買い物もままならない様子。ご先祖様の霊前の生花は枯れ、果物はなく、青野菜も切らしているとのこと。最近私は出ごとが多く、かねては元気な義母なのでうっかり油断していた。元気とはいえ義母は昭和2年の生まれの81歳。私はあわてて着替えて、雨の中を車で出かけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/11 00:15
華甲を美しく
◆華甲と書いて「かこう」と読み、還暦と同じ意味だと知ったのは数年前のことだった。ある陶芸家のやきもの展を見ていて、華甲をテーマにした皿があり、そこに華甲の説明書きがあった。華の字を分解すると、十の字が6つと一の字で構成されているので61となる。甲は甲子(きのえ・ね)のことで干支(えと)の始まりなので、本卦還(ほんけがえ)りとなり還暦を意味する、と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/04 01:48
ご縁が縁で桜島めぐり
◆人と人のつながりの縁というのは、まことに不思議なものだ。ある一つの縁ができると、そこからまた芽が出るように新しい縁ができてくる。それは互いに枝を伸ばしながらいつしか絡み合い、やがてはまあるく円をなすように私には思われる。それは単に言葉の上のことではなく、人間が地球という丸い場所に住んでいることと無縁ではなかろうと、私はそんなふうに考えてみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/05/28 01:22
お米のはなし
◆炊きたてのお米の美味しさは日本人しかわからないだろうな、と私は勝手に思いこんでいたが、あるとき決してそうではないと気づかされたことがあった。それは日本に来ている留学生のはなしを聞いた時だ。バングラデシュから来ていた男子学生は、お国に帰るときの一番のお土産はお米だと言った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/23 01:37
春と桜と22歳の別れ
◆昨日、首都圏方面は強風と大雨の春の嵐というニュースを見て、そんな荒天では桜の花びらは残らず風に舞い、地に落ち、冷たい雨にしとど打たれていることだろうと、無残な情景が目に浮かんでくる。というのも2年前の3月下旬、私は数日かけて見て回った東京の満開の桜を思い出したからだ。上野公園、千鳥ヶ淵、九段坂から靖国通り、そして夜は神田川べりを江戸川橋から早稲田に向かって、ライトアップされた夜桜を楽しむことができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2008/04/09 00:13
心にひびく良き言葉
◆三人姉妹の長女として生まれためぐり合わせか、私は幼いころから母親の話相手となり、愚痴を聞かされて育った。わけも分からずただ聞いていれば、母はある程度言いたいことを吐き出すとすっきりするらしいことも、自然に理解できるようになった。それは主に嫁と姑の問題だったから、私は幼いろから女同士の火花の散り具合、収まり具合を実習しながら育った。それで逆に、喧嘩しないで回避する知恵を身につけたように思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/05 19:27
インターネットがとりもつ一葉と私と中国の縁
◆私はHTMLの勉強から始めて数ヵ月後の1999年暮れ、独学で自分のホームページを一応完成させた。それを切りよく2000年1月1日の午前零時に、ネット上にアップすることに決めた。それはちょうどミレニアム(2000年)問題で世界中が大騒ぎしている最中で、計器の誤作動で飛行機が落ちるとか、銀行の電算システムがダメになるとか、日本でもいたるところで人々が振り回されていたときだ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/27 01:01
砥石
◆私が一人暮らしを始めるとき、父が砥石(といし)を持たせてくれた。使い方も指導してくれた。表札を長めにしたような分厚い板を台にして、同じ厚さぐらいの砥石が張り付けてある。板の裏側の四隅には、ゴム製の丸い小さな滑り止めが付いている。その砥石を使い続けて35年。ついに先日、砥石を手に持ったとたん、石が台からゆっくりはがれた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/01/30 01:26
美容室
◆月に1回だけ美容室に行く。少しでも年齢より若く見られ、身ぎれいにしたいために、カットやカラーをお願いする。カラーといってもオシャレな茶髪にするのではなく、トシ相応に増え続ける白髪を隠すため、地毛の真っ黒よりは少し明るめの黒というか、チョコレート色に近く染めてもらう。いっそ真っ白の総銀髪なら染めない方がいいと思うけど、中途半端に白黒まだら なのは何だか老けて見えそうで、まだまだ白髪は隠したい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/23 00:57
お正月 
◆今年のお正月は、というか、今年のお正月も自宅にいなかった。ことしは大 分県の某温泉地、昨年はベトナムのホーチミン市、一昨年は長崎の某テーマ パークで元旦を夫婦で過ごした。その前の年は海の見晴らせるマンションに 引越した直後ということもあり、他県で社会人として独り暮らしをしている娘た ちを半ば強引に呼び寄せて、久々に一家4人揃ったお正月だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/09 09:43
美しき魂
◆先日、福岡市在住時代にたいへんお世話になったT先生の出版記念会があり、福岡市まで出かけた。先生は私の母と同世代の81歳。本業の医師のかたわらシナリオやノンフィクション作品を書かれ、今回はその数冊目の出版を記念する会だった。新しい本は自分史ともいうべき内容で、特に小・中学校時代の教師たちとの触れ合いの部分は、ヒューマン・ドキュメントを得意とされる先生ならではの、熱い思いに溢れていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/26 00:45
今年のサプライズ
◆結婚以来、数多く引越しをしたわが家。福岡市在住の時、初めての持ち家として家族4人で6年住んだ分譲マンションを売って、福岡市郊外のJR沿線に中古の一戸建てを買ったのが14年前。引越しを提案した夫は4年住んだだけで転勤になり、単身赴任で鹿児島市へ行ってしまった。一戸建てに引越したとき長女は大学進学のため上京したので3人暮らしになり、次女の大学進学を機に私も鹿児島へ移住して、夫婦だけの暮らしになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/19 02:52
七福神
◆外国へ行くとき、到着前の飛行機の中で入国カードなどを書く場合「宗教」の欄がある。私には特定の宗教はないので「無宗教」と書きたいところだけど、外国では無宗教だとまともに言うと、驚いた顔をされると聞いたことがある。なぜと聞かれても答えられないから、とりあえず Buddhist(仏教徒)などと書いたりする。我れながらまことにいい加減だと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/05 02:05
色は匂へど散りぬるを
◆私の子供のころ、還暦を迎えた大人はもうれっきとしたお爺さんお婆さんだった。そのころは確か「人生60年」という言葉が普通に使われていたし、60歳とか70歳という年齢の人は長年の農作業のご苦労のためか腰は曲がり、皺だらけの老人にしか見えなかった。それは10歳の自分もいつかそんなになるとは信じられないくらい、とてつもなく遠い日のことのように思えたものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/17 01:31
夏の記憶
◆もう10月だというのに、私の住む鹿児島地方ではきょうまでの20日間、ずっと最高気温30度以上の日が続いている。一向に終わらない長い夏にうんざりしながら戸外を歩いていたら、子供のころの暑い夏の記憶が不意によみがえってきた。それは現実の体験ではあるけれど、くらくらする白日の下で思い返すと、いまではもう現実味も感じられない、どこか遠くの国のお話のようにも思えてくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/10/03 06:00
起きて半畳寝て一畳
◆現代の多くの結婚とは違い、私の母の世代の結婚は文字通り「他家に嫁ぐ」ことだった。女性は生家を出て婚家へ生活の拠点を移し、その家で嫁から姑となり、孫の守りをしながら生涯を送る場合が多かったと思う。嫁という字は女性が家に寄り添うのか、あるいは家を支えるのか、家とは不可分の関係に見える。自営業の後継ぎの父に嫁いだ私の母は、まさしく家の中でのみ生きた人で、父亡きあと83歳のいまもその家を一人で守って暮らしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/09/26 06:00
ピアノとの別れ
◆25年連れ添ったというのは大げさだけど、出あいから4度の引越しに付きあってくれたアップライトピアノと、2週間前ついにお別れをした。理由はピアノを置く余裕のない住居への引越しだ。ピアノといえば、私の小学生時代の昭和30年代前半は、田舎でもあり、ピアノを習っている人はクラスで1人という状況だったが、なぜか私はヴァイオリンに惹かれていて、 ぜひ習いたいと密かに思っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/19 06:00
照る月
◆昨夜は満月で、しかも日本では6年ぶりとなる皆既月食の日だった。私の住む鹿児島市では、鹿児島湾(錦紅湾)をはさんで東側にそびえる桜島の右稜線の上に、日没と入れ代わるように月が昇り、午後7時ころから午後8時過ぎまで、かすかに赤みを帯びた黒い月が中空にかかっていた。8時半ちかくから月の左下側に光が見えて、徐々に元の満月に近づき輝きを増していった。その輝きは太陽の光の反射だとしても、月は照らされるのではなく、照るものだと私は思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/29 08:37
同窓会
◆今年の7月初めに、高校時代の学年同窓会の案内状が届いた。私の卒業校は福岡県久留米市にある。3年前の2004年には全卒業生を対象にした同窓会が開催され、友だちに誘われて私も出席した。その3年前の同窓会は、私が高校卒業以来初めて参加した同窓会だった。福岡市に住んでいた20数年間に私は9回も引越したので、長らく住所不明になっていたらしい。卒業アルバムの住所に住む母と連絡がついて、私の現住所が判明したと世話人の級友から聞いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/22 16:11
インターネットがつなぐ縁
◆このメールマガジンのエッセイは自分のホームページを立ち上げたとき、毎週何らかの更新をする手段として思いついて書き始め、翌年からはメールマガジンとして配信するようになった。1週間に1回、たった原稿用紙で4、5枚分の長さのエッセイとはいえ、いつもすいすい書けるわけではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/16 05:07
故郷の風景
◆連休の後半、東京在住の長女がおばあちゃん(私の母)に会いに福岡へ行くというので、私も付き合う形で鹿児島市から北上して久留米市の実家で合流した。思えば私にとってのふるさとは「遠きにありて思ふもの」になって久しい。就職したのち、以後、親には一切頼るまいと覚悟を決めて自分の意思で家を出たのは34年前のことだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/05/09 06:00
子守唄
◆我が家にホームステイしていたバングラデシュのSさんママと赤ちゃんが2週間の滞在を終えることになり、一昨日の夕方、ベビーバスやスーツケース、身の回りの物も一緒に車に積んで、自宅アパートまで送り届けた。赤ちゃんのいる生活を久しぶりに堪能して、日々の成長が楽しみだっただけに、以前の平々凡々な日常に戻り気が抜けた感じだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/04/18 09:34
鈍感でよろしゅうございました
◆先日、朝刊を広げて読んでいたつれあいが、「おおっ! ちょっと来て」と驚きの声をあげた。私のことが書いてあるという。何で? 悪いことした覚えはないんだけど、と思いつつ近づくと、『鈍感力』と大きな字で書いた本の広告をつれあいが指さしている。「それが何で私と関係あるのよ!」と言ったが、つれあいはニヤニヤ。何か思い当たるのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/04/11 12:30
私のアンドレ
◆つい先日の3月10日、川柳作家でエッセイストの時実新子さんが亡くなった。死因は肺がんで78歳だったという。ご冥福をお祈りしたい。私は時実さんの作品をたくさん読んだわけではないが、最近熟年離婚という言葉に接するたび、それとは全く逆方向に生きてこられた時実さんの「私のアンドレ」というエッセイを思い出さずにはいられない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/28 05:01
心の生計
◆先月、ある新聞に面白いコラムが載っていた。ご褒美や報酬が人間の行動にどんな影響を与えるか。しかしまたその報酬が「やっていることへの興味を減じることがある」というアメリカの評論家アルフィー・コーンさんの言葉と共に、それをわかりやすく表現したジョークも紹介されていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/21 09:03
運のない話
◆9月中旬から1ヵ月以上晴天の日がつづいた鹿児島地方。10月下旬の未明、一度だけ雨が降り、その後は再び汗ばむ陽気がつづき、11月11日に久々に強風と雨の来訪があるまで、私は半そでのTシャツ一枚で日中を過ごした。昼間、扇風機を回しながら北国の冬便りを聞くのも、あらためて日本列島の南北の長さを実感させられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/15 08:49
本の誕生、その後
◆自分の書いた本が誕生するのは嬉しいものだ。つい半月ほど前に出版した単行本『一葉樋口夏子の肖像』は、20代のころ、人の書いた一葉の評伝に納得できず、いつか私なりの一葉像を書こう、そう思い立って30年後に実現した本だ。何とものんびりした話ではある。しかし、願いはいつか叶うものだと今はあらためて思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/08 08:48
バングラデシュの娘
◆9月17日に九州の西海岸を台風13号が北上したとき雨が降って以来、1ヶ月以上鹿児島地方ではまともな雨が降っていない。晴天の昼間は当然のように30度近くまで気温が上昇するので、いまだに半袖Tシャツで間に合うし、外出には日傘が欠かせない。日中の暑さ日射しの強さは秋というより夏だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/25 08:43
言葉のあや
◆最近、といっても少し前のニュースの中に、時給600円のパート職員からスタートした女性(主婦)が、16年後の今年、古書を買い上げ販売する会社の社長さんに就任したという話題があった。現場主義に徹し、次々に新しいアイディアを打ち出し、明るい店作りを実現し、売上げを伸ばした実績を認められ、抜擢されたらしい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/09/27 14:15
夢幻の食
◆女優の森光子さんが、足腰を鍛えるために毎日続けられているという体操の話を聞いて、私はそれを毎日続けるために歯磨きとセットでする妙案を思いついた。両足を肩幅に開き背筋を伸ばしたまま、膝の屈伸運動をする。1・2・3…24・25…37・38…50・51…と数えていると、その数の年齢のころがパッパッと脳裏に閃いては過ぎて行く。年齢と同じ回数屈伸するので森さんの80ン回には及ぶべくもないが、それでも自分の50ン回も結構長い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/20 08:16
月の光
◆子どものころ、だれしもが経験する月の不思議がある。月夜の晩に外を歩くと、月が私の後についてくるというあの感激。父の大きな手をしっかり握り、月明かりの道を歩いていると「ほら、月がついてくるよ」と父が教えてくれた幼い日。少し歩いてはふり返り、何度も月の位置を確かめ、不思議に思ったものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/06 08:45
待つ人、待たせる人
◆50歳で仕事をやめ、子どもとの同居もなくなり、本来のカップルの生活に戻って7年たつ。仕事をやめたのはつれあいの転勤があったからで、ついていくとなれば私は失職をまぬがれない。お先にどうぞと2年は粘ってみたが、長い別居はヨロシクないので、素直に運命に従うことにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/30 09:33
人の話を聴く
◆その道を極めた人、専門分野に携わっている技術者や職人さんの話を聴くのは楽しいものだ。古今東西の古典や良書と呼ばれる書物を読むことに、勝るとも劣らない面白さが発見できるし、近所のお年寄りの会話だって、傾聴に値するものがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/02 09:22
耳かき棒
◆私の仕事場はリビングの一角にあるパソコン机と、ふた部屋続きの6畳和室の一室に置いた座卓との2箇所にある。原稿はもっぱら座卓の方で書き、校正を終えたらパソコン机に来て入力作業する。パソコンを使った請負の仕事もしているので、パソコン机はもっぱら作業専用。横に置いた小さなキャビネットにはスキャナー、テープレコーダー、MDプレイヤー、CD、紙など、パソコンでの作業に必要な周辺機器・文具などを置いている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/06/07 15:02
譲り葉
◆ことのほか寒さの厳しかったこの冬。春を待ちこがれ花に憧れていたのが昨日のようでもあるのに、二月逃げる三月去るとの言葉どおり満開の桜の余韻も落花とともに遠のき、南国の街路にはおびただしい譲り葉が踏みしだかれ風に舞っている。それは歩道と車道の境に列をなす楠の大木からの落とし物で仰ぎ見れば青葉若葉が目にも鮮やかに輝きそよいでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/20 07:58
数独の楽しみ
◆先日東京出張から戻った夫が、ある雑誌を見せてくれた。それはいま世界各地で注目され、愛用され、流行している「日本製品」の特集記事だった。かつてメイド・イン・ジャパンといえば、自動車やアニメを意味したが、いまでは日本人の知恵から生まれたカプセルホテルや包丁、縮毛矯正技術や使い捨てカイロ、マンガや数字パズルの数独(すうどく)が大人気だそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/12 06:30
九段・上野・神田川 
ことしのお花見は知覧(鹿児島県)に始まった。淡路島在住の知人にかねてより車での案内を頼まれ、その日が3月25日だった。午前11時、鹿児島空港着との知らせで空港へ迎えに行き、高速道路・一般道路と走って薩摩半島を南下すること1時間20分。薩摩の小京都と称される知覧町に到着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/05 10:32
毎週のように男に殺される女の子。ペテン師たちの建造した崩壊物件。入力ミスとシムテム障害で10数分に400億円もの損失を生んだ証券業界。ニセ医者・ニセ弁護士に詐欺国会議員。会社や組合の金を勝手に投資して失敗し、自分は贅沢三昧の社員や役員。2005年の年の瀬は思い切り最低最悪の、見たくもないニュースがてんこ盛りだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/14 08:11
旬の野菜
岩波国語辞典(第2版)によれば、旬という字は十日一巡りをさすほかに、十ヵ月、十年をさすこともある。(例:齢七旬に余る=七十余歳)また、いっぱいになるの意もあり、「しゅん」と読むと、物事の適期。特に魚、貝、野菜、果物などの出盛りの時期をさす。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/11/30 06:00
手帳
本屋さんで来年用の新しい手帳を買った。仕事をしていた6年前までは、やや大きめで見開き1週間分のタイプのものを使い、左のページに予定を、右側には実行済みの事柄を書き入れていた。しかし仕事を辞めてからは外出時に持つバッグも小ぶりになり、それにあわせて手帳も薄くて小型なものに変えた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/11/16 06:00
新しい日々
10月はじめからこのひと月余りは、本当によく動き回った。鹿児島は遠いとか何とか、文句ばかり言って寄りつかない長女が、1週間の休暇を取って東京から久々に帰省したこともあり、このさい鹿児島のいい所、美味しい食べ物、温泉などめいっぱいふるまって鹿児島の印象を良くしようと、私も夫も張り切った結果、外出が多くなったからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/09 06:00
女の生き方
先週末からの連休を利用して私の二人の娘、渋谷区在住の長女と福岡市在住の二女、そして鹿児島市在住の私の三人が、福岡県久留米市の私の実家にひとり暮らしの母のもとに集合した。私の母と、私と、私の娘たち三世代の女4人が一堂に会したのは、実に4年半ぶりのことだった。めったに帰省しない長女が祖母に会いに行き、二女も駆けつけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/12 17:05
56歳の抵抗
◆先日56回目の誕生日を迎えた私。たった1年過ぎただけなのに、昨年の誕生日とはまた微妙に違う感慨があった。いよいよ還暦に手の届く所に来てしまったかと、還暦の二文字に抵抗したい感情が湧いた。一方では、小さいころ病弱だったにもかかわらず、お産のときを除いて一度も入院することなく健康にすごせた幸運を、お天道様に感謝しなければと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/28 06:00
月のちから
生まれてこのかた、太陽から受けた恩恵を思えば計り知れません。それに比べ月は別名を太陰というくらいですから、どうも地味な存在です。育ち盛りの子どものころは、心身ともに太陽の光が成長にとって欠かせないものです。ところが年齢を重ねるに従って、だんだん月夜や月光に親しみを感じるようになってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/09/07 07:09
タンスの肥やし
◆7月初旬、二女の住む福岡市へ用事で出かけた。ちょうど博多の祭り山笠の期間中だったので、絢爛豪華な飾り山笠をあちこち見て回り、福岡に住んでいた当時を思い出して懐かしかった。街ゆく女性たちの涼しげな浴衣姿を見て、そういえば二女は大人になって、まだまともな浴衣を持っていないことに気がついた。最近は街に浴衣姿の女性が増えて、日本の夏にぴったりのいい風景だと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 1

2005/07/20 12:13

トップへ | みんなの「生活」ブログ

一樹の蔭、一河の流れ 生活のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる