一樹の蔭、一河の流れ

アクセスカウンタ

zoom RSS ザビエル教会コンサート

<<   作成日時 : 2017/07/26 20:07  

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

毎年楽しみにしている音楽祭が2つあります。1つは春の大型連休中に東京の有楽町駅にほど近い、東京国際フォーラムを中心会場として開催される「ラフォルジュルネ・オ・ジャポン」です。約10年ほど前から、東京在住の娘と行くようになったのが始まりです。

5月3日から3日間、朝から晩まで1プログラムが45分、交響曲ならちょうど1作品ほどの長さなので、料金もリーズナブルです。プログラムがネットに発表されると好きな楽曲や演奏者をチェックして、早めに購入。当日は朝からはしごで1日3〜4のプログラムを楽しみます。

その娘も結婚し子どもも生まれたので、最近は時間やプログラムを合わせて一緒に行動するのは難しくなり、もっぱら別行動で一人で楽しむようになりました。もう1つは、地元鹿児島で毎年夏に行われる「霧島国際音楽祭」。現在開催中で今年は第38回となる歴史ある音楽祭です。

鹿児島に移住した17年前にこの音楽祭のことを知り、こちらも複数のプログラムを選んで出掛けます。メイン会場は自然豊かな霧島市にある「みやまコンセール」。鹿児島市の中心部からは車で約1時間かかり、会場まで臨時バスが運行される場合もありますが、やや不便です。

画像


メイン会場だけでなく、鹿児島市内の宝山ホールやザビエル教会でもコンサートが開かれますので、最近はもっぱら往復に時間のかからない近場の会場のほうに行くようになりました。今年はその第一弾として、25日昼のザビエル教会コンサートに行ってきました。

鈴木優人さんと新国立劇場合唱団アンサンブル8名による、〜;教会で聴くオルガン、合唱の響き〜と題した公演でした。鈴木優人さんはオルガン、ピアノ等の鍵盤奏者であり、指揮や作曲もされる才能豊かな方で、昨年もザビエル教会コンサートに出演されました。

ザビエル教会は鹿児島市の繁華街である天文館に程近い場所にあります。正式名称は鹿児島カテドラル・ザビエル記念聖堂(Kagoshima St. Xavier's Cathedral )で、カトリック教会です。教会の向かい側にはザビエルの鹿児島上陸を記念したザビエル公園があります。

画像
   開演前の教会内部(2階より)

この教会の建物は3代目で、最初は1908年に石造りの立派な聖堂でしたが1945年4月8日の大空襲で焼失。その後ローマの寄付で木造聖堂が再建され、1999年にはザビエル渡来450年を記念して現在のコンクリート聖堂になったという歴史があるようです。パイプオルガンはスウェーデンのチュール社製とのことです。

画像
   2階にあるパイプオルガン

私はキリスト教の信者ではありませんが、鹿児島に移住した直後から数年間はパイプオルガンを習っていたので、この教会にもオルガニストの演奏を聴きに何度か通ったことがあります。教会で聴くオルガンと聖歌の響きは、信仰心をいや増す効果があるように思いますが、私は純粋に音楽としてバッハなどの教会音楽を楽しんでいます。

今回の公演で出色だったのは、鈴木優人さん作曲の「アポカリプシス 2」。2006年にドイツのワイマールで初演された、8人の無伴奏混声アンサンブルのための作品で、『ヨハネの黙示録』の一部がテクストなのだとか。歌詞の意味はわかりませんが、一種独特の力強い混声の掛け合いがアカペラで歌われ、日本初演というその独創的な全曲を、作曲者本人の指揮で聴けたのは幸運なひとときでした。

 ♪ 管理者ウェブサイト 「杉山武子の文学夢街道」 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文



ザビエル教会コンサート 一樹の蔭、一河の流れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる