一樹の蔭、一河の流れ

アクセスカウンタ

zoom RSS 健康の秘訣

<<   作成日時 : 2017/04/26 00:35   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「かかりつけ医」という制度が最近日本で始まったことは知っていたし、欧米には古くからホームドクター(家庭医)という制度があることも知っていた。かかりつけ医というのはただ単に、自分で医師を選んで決めておくことなのだろうと、勝手に思い込んでいた。

あまり病気をしない私だけれど、年金受給者=高齢者の仲間入りをしたことだし、血圧もやや高めということで、自宅近くの内科クリニックの先生を自分のかかりつけ医と決めた。ところが最近、かかりつけ医というのは自分で決めるものではなく、研修とかを受けて認定された医師に与えられる制度だと知った。

それはともかく私が選んだのは、歩いて2分の場所にある内科クリニック。ここの院長先生は哲学がお好きらしく、院内の壁には、いろいろな名言・箴言を書きつけた紙があちこちに貼ってある。以前にも紹介したが、例えば「老いは幸運の果実」なんていう言葉が手書きの筆文字で書いてある。

この先生を気に入った理由は、血圧のクスリは一生飲み続けるのではなく、「衣替えをするように、寒い間は飲んで、夏は休んでもいいんですよ」と言われたのが腑に落ちたのだ。私は一番弱いクスリを処方されている程度だから、そういうこともあるのだろう。要は血圧はきちんとコントロールすることが大事です、という先生の言葉に従っている。

先日、クスリをもらいに行った。別に具合が悪いわけではないので、診察室では診察というより健康談義になったりする。帰り際に「きょうのおみやげ」と言って、一枚の紙を手渡された。それは日本医師会の企画による、「高齢者の健康法」というタイトルのA4の紙だった。先生自身が70代半ばの高齢者なので、ご自分でも実践されているのだろう。

サブタイトルは「一読・十笑・百吸・千字・万歩」とあり、特に高齢者に毎日実行してもらいたい健康法ということだった。若い人も働き盛りの人も、いずれ高齢者になるし、これは「一・十・百・千・万」という語呂合わせが覚えやすいので、内容をそのまま紹介したいと思う。


 「一読」一日に一度はまとまった文章を読もう
  新聞でも雑誌でも本でも、好きなものを選んで読むことです。
  文章を読むことで認知機能がアップします。

 「十笑」一日に十回くらいは笑おう
  笑う頻度が少ない人ほど認知機能が低下するリスクが大きいのです。
  また、笑うことで免疫力が向上し、がんの予防・進展を抑える効果
  があると言われています。

 「百吸」一日に百回くらい(一度には十回くらい)、深呼吸をしよう
  深呼吸することで肺の機能が高まり、自律神経が安定し、ストレス
  解消に役立ちます。
 
 「千字」一日に千字くらいは文字を書こう
  文字を書くことは認知機能を高めます。日記をつける、手紙を書く、
  メモをとるなど、こまめに文字を書くことです。そして、できるだ
  け漢字を使って書くことをお勧めします。

 「万歩」一日に一万歩を目指して歩こう
  歩くことがメタボリック症候群の予防・治療に効果的であり、記憶
  力を高め、認知症の予防に有効であることは周知されています。
 
 一日の時間の流れの中で「今日は何をして、何をしていないか」を
 チェックするために、「一読・十笑・百吸・千字・万歩」を口の中で唱
 えてみて、まだやり残しているものがあれば、まず、それを片付け
 るようにしてみましょう。


以上が先生から「おみやげ」にいただいた健康法だ。一読と十笑までは何とか実行できているにしても、百吸はあやしいし、日記や手紙は書いているけど千字には足りないかも。まして万歩ともなれば、半分程度かもしれない。とまれ自分の心がけ次第で実行できる内容なので、未来に自分のためにガンバリマス。

  ※引用は 日本医師会企画の「健康プラザ」No.481号より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文



健康の秘訣 一樹の蔭、一河の流れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる