一樹の蔭、一河の流れ

アクセスカウンタ

zoom RSS ルキーノ・ヴィスコンティを観る 

<<   作成日時 : 2017/04/12 09:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

団塊世代で映画がこよなく好きな人だったら、ルキーノ・ビスコンティの名前を聞けば、観た事のある彼の監督作品名を言えるかもしれない。彼はイタリアの巨匠と呼ばれ、文芸大作や歴史大作の監督として「イタリア・ネオレアリズモ映画の伝統的な先駆者」といわれている。

しかし日本では、彼の生前に公開されたのは全19作品のうち約半分しかなかったそうだ。1976年に亡くなり、その2年後に「家族の肖像」が公開されると大ヒットして、80年代にヴィスコンティは映画の枠を超えて一大ブームとなり、全作品が公開されたのだという。

2016年はビスコンティ監督の生誕110年、没後40年の記念すべき年だったことから、特に評判の高かった作品のうちの数本が修復され、昨年末から≪ルキーノ・ヴィスコンティ生誕110年 没後40年メモリアル―イタリア・ネオレアリズモの軌跡―≫と銘打ち、デジタル修復版が全国各地で順次上映されている。

ただしシネマコンプレックスが全国で展開する現状では上映館が限られ、各県1館程度。九州では福岡・大分・鹿児島の3県のみで、鹿児島市内ではガーデンズシネマで上映中だ。鹿児島市在住の私としては嬉しいかぎりだけれども、名画座的な映画館が衰退した現状はちょっと寂しくもある。

デジタル修復版として銀幕に登場するのは、「郵便配達は二度ベルを鳴らす」(1942)、「揺れる大地」(1948)、「若者のすべて」(1960)、そして「家族の肖像」の4作品だ。このうちに先日まず、アラン・ドロンやクラウディア・カルディナーレが出演する「若者のすべて」を観に行った。上演時間が2時間59分の大長編。しかし内容が濃くて長さを感じなかった。

「若者のすべて」のあらすじを簡単に紹介すると――

 1955年のある晩、父親を亡くした家族(母親と4人兄弟)が貧しい
 南部の農村から、北部の大都会ミラノ駅に着く。ミラノで働く長男
 ヴィンチェンツォを当てにして、移住してきたのだ。三男ロッコは
 ボクサーとして活躍するようになるが、次男シモーネは悪の道に染
 まり…。ヴィスコンティの重要なモチーフ・家族崩壊をドラマティ
 ックに描くこの一大叙事詩は、ネオレアリズモの最後の作品。


映画の時代背景の1955年といえば、日本では昭和30年。戦後まだ10年しかたっておらず、それは第二次世界大戦で敗戦国だったイタリアも同じ。映画の公開は1960年だから、昭和30年代前半のイタリアの様子が垣間見える。監督のルキーノ・ビスコンティはミラノ生れということもあり、観光地として有名なミラノのドゥオーモ(ミラノ大聖堂)などが効果的に使われている。

母親と4人の息子たちは地階のアパートに何とか住む場所を見つけるが、息子たちの最初の仕事は、屋外での雪かきだった。時代は戦後復興期の最中ということで、集合住宅らしい足場の組まれた建設現場や、イタリア第2の都会で暮らす人々の様子も映し出される。

この当時は南部は貧しい農村地帯で、北部の大都市ミラノに出稼ぎに来る人々が多いというイタリアの南北問題が描かれている。また家族を何より大事にするといわれるイタリア人気質、5人の息子を育てた母親の存在、大都会で必死に生きる5人兄弟が辿るそれぞれの運命…。久々に「これぞ映画」という感慨を抱かせてくれた作品だった。

 ※≪ルキーノ・ヴィスコンティ生誕110年 没後40年メモリアル
    ―イタリア・ネオレアリズモの軌跡―≫
   公式ホームページ  https://www.visconti-neo.com/

♪ 管理者ウェブサイト 「杉山武子の文学夢街道」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
杉山さん。こんにちは。

メロウ倶楽部福岡の田吾作(柴田)です。
市民劇場の記事欄にはコメントが会員用しかないので
ここにコメント入れます。

今年のメロウの新年会ではまるこさんも一緒でした。

さて市民劇場ですが
40年程前の独身時代に佐賀市民劇場で活動していました。
その当時のペンネームを今、ハンドルネームとして使っています。
杉山さんは鹿児島で活動されているんですね。
私は今ではまったく関わっていません。
佐賀市民劇場は事務局長が今田さん(女性)でした。
今でも頑張ってあるとは思うのですが・・・・・
福岡か佐賀で、いま一度観劇してみたいですね。
田吾作
2017/04/14 14:40
田吾作様。コメントありがとうございました。
独身時代に佐賀の市民劇場でご活躍だったんですね。
福岡には現在3カ所、佐賀には1カ所、市民劇場の事務局があります。ぜひまた会員になられて、演劇を鑑賞されませんか。
映画も大好きですが、幕が上がり、舞台と客席が一体となって完成するあの演劇空間のライブ感が大好きです。
武子
2017/04/21 09:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文



ルキーノ・ヴィスコンティを観る  一樹の蔭、一河の流れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる