一樹の蔭、一河の流れ

アクセスカウンタ

zoom RSS 真夏の東京散歩

<<   作成日時 : 2014/08/19 00:33   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

約2カ月ぶりのブログ更新です。
7月1日に長女が女児を出産し、産後のサポートのために7月4日から8月11日までの間、東京港区の娘夫婦宅に居候していました。三度の食事の用意と買い物が主な役目でしたが、他にも娘夫婦に沐浴の指導をしたり、時には赤ちゃんの世話もやりました。

買い物は主に港区の芝、三田の慶応大学周辺を徒歩で回り、あとは区の「ちぃバス」に乗って麻布十番の商店街に出没しておりました。そのついでに、少し足を延ばして、通りがかりに目に留まった物を写真に撮りました。いつも34度を超えるの猛暑の中、汗をかきかき真夏の散歩でした。

東京にいるうちにアップしたかったのですが、なかなか落ち着いてパソコンに向かう時間もなく、鹿児島の自宅に戻ってから、やっと思い出を整理する気持ちになりました。

家を出て、まず芝園橋を過ぎて、芝公園ごしに東京タワーを眺め、さらに直進すると、増上寺に着きます。徒歩で12分ほどです。
     芝園橋
画像


    芝公園と東京タワー
画像


  増上寺へ至る道
画像


     増上寺の「三解脱門」
画像


「三解脱門」の意味は、3つの煩悩、つまり「むさぼり、いかり、おろかさ」を解脱する門のことだそうです。国の重要文化財に指定されています。

画像


芝公園とは逆方向のスーパーへ買い物に行く途中に、ひときわ大きい建物があります。日本電気(NEC)本社ビルで、西側から見ると、高い塔のように見えますが、北側に回ると、横長いビルでした。高さ180メートル、地上43階・地下4階の建物で、NEC SUPER TOWER(NECスーパータワー)という愛称を持つそうです。

     NECスーパータワー
画像


画像


さらに西に向かって歩くと、桜田通りに出ます。すると通りに面して、大きなアーチ型の門を持つ建物が目につきます。慶応大学三田キャンパスの東門でした。この近くのスーパーも、よく利用しました。

     慶応大学東門
     
画像


慶応大学三田キャンパスのある桜田通りの200メートルほど東側に、日比谷通りがあります。その通りに面した地下鉄芝公園駅の近くに三田会館がありますが、その敷地内に、立派な石柱が建っていました。これも買い物の途中に気づいたものです。

     日本労働運動発祥の地を示す碑と案内板
画像


画像


地下鉄芝公園駅から日比谷通りを10数分南に向かって歩くと、JR田町駅があります。その手前にある三菱自動車工業本社ビルの前の歩道に、丸っこいモニュメントがあり、歩行者の目を引きます。鹿児島県民の私は、思わずその説明文に見入ってしまいました。幕末に、西郷南洲(隆盛)と勝海舟が膝を付き合わせて、江戸開城についての会談を行った建物があった場所だったのです。

     西郷南洲と勝海舟が会見した場所を示すモニュメント
画像


1カ月と1週間の東京暮らしでしたが、何度か数時間の暇をもらって、映画を2回とクラシックコンサートにも行くことが出来ました。芝、三田、麻布十番あたりのお店や道路にも詳しくなって、暑かったけれども、楽しい東京暮らしでした。

 ♪ 管理者ウェブサイト「杉山武子の文学夢街道」 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文



真夏の東京散歩 一樹の蔭、一河の流れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる